トップページ > イベント > 第7回 がんばれ!!ものづくり日本 緊急提言シンポジウムin関西

第7回 がんばれ!!ものづくり日本 緊急提言シンポジウムin関西
「医療・介護分野とものづくり」を開催します

最終更新日:平成27年2月6日

 ものづくり中小企業を応援する第7回「がんばれ!!ものづくり日本」緊急提言シンポジウムin関西を3月2日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで開催します。テーマは「医療・介護分野とものづくり」。高齢社会を支える上で欠くことができない医療、介護分野で、どのような機器や器具が求められているのか、ものづくりがいかに貢献できるのかについて、ものづくり企業、医療、福祉の視点から関係者が意見交換します。参加費無料で、事前申し込みが必要です。
 多数の方の御参加をお待ちしております。

概要

日時

2015年3月2日(月) 13:30~17:00 (開場13:00)

場所

サンケイホールブリーゼ 大ホール(大阪市北区梅田2-4-9)外部リンク 新しいウィンドウが開きます

JR大阪駅桜橋口より徒歩5分/地下鉄四つ橋線西梅田駅10号出口より徒歩3分/阪神梅田駅より徒歩5分/JR東西線北新地駅より徒歩5分/阪急梅田駅徒歩12分

参加費

無料

定員

900名(事前申込制)

プログラム

  • 開会挨拶:関 総一郎 近畿経済産業局長
  • 基調講演1 医療分野からの提言:荒川哲男 大阪市立大学医学研究科長、ものづくり医療コンソーシアム理事長
  • 基調講演2 介護分野からの提言:藤井円(まどか)・HAPPY LEAF代表、福祉アナリスト
  • テーマ講演「医療・介護の現場から 今、求められるものづくり」
     田中一正:大和ハウス工業株式会社 理事、ロボット事業推進室長
     青木豊彦:株式会社アオキ 会長
     樋口光生:中小企業基盤整備機構近畿本部 経営支援課長
     山口卓郎:株式会社商工組合中央金庫 ソリューション事業部長

主催

第7回「がんばれ!!ものづくり日本」緊急提言シンポジウムin関西実行委員会
 (構成:近畿経済産業局、中小企業基盤整備機構近畿本部、産経新聞社、フジサンケイビジネスアイ)

協賛

大和ハウス工業株式会社

申し込み方法

FAXまたははがき、メールで必要事項[(1)郵便番号(2)住所(3)氏名(4)職業(会社名・学校名)(5)電話番号(6)参加人数]をご記入のうえ、下記までご応募ください。参加証をお送りします。
 【はがき】〒556-8666<住所不要>産経新聞開発内「がんばれ!!ものづくり日本シンポジウム」係
 【FAX】06-6633-2709 :以下のチラシをダウンロードしていただけば、裏面がFAX申込用紙になっています。
 【電子メール】mono-sinpo@esankei.comメールリンク メールソフトが起動します :件名「がんばれ!!ものづくり日本参加希望」

  ご案内チラシ(PDFファイル:373KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

お問い合わせ

事務局 TEL.06-6633-6804 (平日10時~17時)
 ※ご応募いただいた皆さまの個人情報は、主催者が管理いたします。個人情報は、本件のご案内のみに使用いたします。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 総務課 広報・情報システム室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6009
FAX番号:06-6966-6071