トップページ > 報道発表 > 「局長記者会見1月24日(木)」を開催しました

「局長記者会見1月24日(木)」を開催しました

最終更新日:平成31年1月25日

1月24日に開催しました局長記者会見の概要を掲載します。

1.日本初「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想」について ~関西を中心に大阪万博に繋がる未来の技術開発に挑戦~  〈次世代産業・情報政策課  〉

 グローバルの先端的なものづくり分野においては、3D積層造形技術の飛躍的な革新に伴い「3D積層造形による量産化」が急速に進みつつある。このため、近畿経済産業局は、この流れに対応するため、日本初となる「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想」を進めます。本構想では、産学官連携による広域ネットワークを構築するとともに、3D積層造形を活用した新たなモノづくりの普及を目指す「3Dものづくり普及促進会」との連携により、ロボット、機械、医療機器分野等の様々な分野での「新たなモノづくりの変革モデル」を創出し、2025年国際博覧会に繋がる未来の技術開発に挑戦して参ります。    【関連ページへのリンク】

2.第12回「関西企業フロントライン」を取りまとめました!  〈中小企業政策調査課 〉

 近畿経済産業局では、中堅・中小企業の実態把握機能の強化の一環として、平成29年度より、関西の中堅・中小企業の最新の実態をヒアリング調査し、その結果を「関西企業フロントライン」として取りまとめ、情報発信しています。 第12回は、『関西における外国人起業家の動向』を取りまとめました。   【関連ページへのリンク】

3.地球に優しい水素の翼『HyDrone』プロジェクトを始動しました~2025年国際博覧会の空へ~  〈エネルギー対策課 〉

 近畿経済産業局では、来る水素社会の実現に向けた取組として、水素エンジンを動力源とするパッセンジャードローン(乗用)『HyDrone(ハイドローン)』の開発を企画・支援し、2025年国際博覧会でのデモフライトを目指します。    【関連ページへのリンク】

4.2019年「サイバーセキュリティ月間」が始まります!~関西で初開催の行事など27件~  〈次世代産業・情報政策課  〉

 政府では、重点的かつ効果的にサイバーセキュリティに対する取組を推進するため、2月1日から3月18日(サイバー)までを「サイバーセキュリティ月間」として、政府機関はもとより、各種啓発主体と連携し、普及啓発活動を集中的に実施します。2019年「サイバーセキュリティ月間」では、関西においては、27件の行事が登録されているなど(昨年は18件)、サイバーセキュリティの取組に対する機運の高まりが見られます。近畿経済産業局と近畿総合通信局は、サイバーセキュリティ月間の取組を通じて、関西における更なるサイバーセキュリティ対策の普及啓発を行います。   【関連ページへのリンク】

5.“優れた”“売れる”製品・技術18件を厳選しました!~「関西ものづくり新撰2019」の決定!~  〈産業技術課 〉

 近畿経済産業局では、今年も関西ものづくり中小企業が独自に開発した “優れた”“売れる”製品・技術を選定しました。いずれも秀逸な技術・製品で、これからの事業の展開が期待できるものばかりです。 冊子の作成や各種展示事業等の機会を通じ、これらの製品・技術のビジネス拡大を支援してまいります。   【関連ページへのリンク】

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 総務課 広報・情報システム室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6009
FAX番号:06-6966-6071