近畿経済産業局ホーム
  > 主な政策/産業クラスター計画

「産業クラスター」とは…

この記事に関する問い合わせ先
 近畿経済産業局 地域経済部
 産学官連携推進課 バイオインダストリー振興室
TEL  06−6966−6103(直通)
FAX  06−6966−6079
e-mail  kin-bionews@meti.go.jp
 

 一体何のこと?

ブドウの房のような企業・機関のネットワーク。その新しい組み合わせが産業クラスターです。

米国の経営学者マイケル・E・ポーターが提示した概念で、「特定分野における関連企業、専門性の高い供給業者、サービス提供者、関連業界に属する企業、関連機関(大学、規格団体、業界団体など)が地理的に集中し、競争しつつ同時に協力している状態」をいいます。


 なぜ必要?

ピラミッド型からプロジェクトごとの組織ヘ。
新産業を生み出し、地域に活力を与えるために。

わが国の経済再生を図るためには、地域経済の再生を図る必要があります。
地域経済の再生は、企業間や大学・研究機関などとの組み合わせによるイノベーションの創出(新たな産業創出、需要創出)によって実現されます。
このように、近畿地域をはじめとする日本の各地域において、国際的にも競争優位な次世代型の「産業クラスター」(世界モデル)を創出していくとともに、ピラミッド型に代表される従来型の「垂直型産業組織」(旧日本モデル)を「産業クラスター」(世界モデル)に組み替えていく必要があります。
 



 どうやってつくる?

交流・研究会などに加わることから始まる。
そして、商品化・販路開拓、世界に飛躍します。

「産業クラスター」の形成をより効果的、効率的に実現していくためには、各企業や経済主体などが持つ経営資源を結集して、【特定分野における新たな組み台わせの模索(クラスター形成の準備)】の段階を経て、【クラスター・コアの形成】→【クラスター化】→【産業クラスターの形成】の各過程を、意図的、戦略的に進めていく必要があります。

 【第1ステージ】

〈クラスター形成準備段階〉

協議会の設立やフォーラムの開催などにより、産業クラスター形成への意識の醸成と人的ネットワークの形成を図ります。


 【第2ステージ】

〈クラスター・コア形成段階〉

研究会の開催や研究開発プロジェクトの形成により、産業クラスターの核づくりを進めます。



 【第3ステージ】

〈クラスター化段階〉

周辺技術の開発や商品化のほか、販路開拓などの新しいネットワークの形成を進めます。


 【第4ステージ】

〈クラスター形成〉

世界的に競争優位な産業としての評価を確立するとともに、さらなる進化・発展が期待されます。





     【お問い合わせ先】 
            近畿経済産業局 地域経済部 産学官連携推進課 バイオインダストリー振興室
                 <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
                 <TEL> 06-
6966-6163(直通)   <FAX> 06-6966 6079
Copyright (C) 2004 METI KANSAI All rights reserved.