トップページ > 採用情報 > 若手職員に聞きました!

若手職員に聞きました!

最終更新日:平成29年7月14日

若手職員の声

近畿経済産業局で様々な方面で活躍する若手職員が活躍しています。
彼らに現在の業務のやりがいや、当局の魅力について伺いました!

局内の情報システムを担当しています!

総務課広報・情報システム室 松本 優介(2009年入局・行政)

執務風景

【現在の業務のやりがい】
 広報・情報システム室で局内の情報システム全般を担当しています。職員が使用するパソコンの管理、各種システムの開発・改修、当局ウェブサイトの運営、これらに係る問い合わせ対応が主な業務です。
 一番やりがいを感じるのは、局内の職員からのシステム開発・改修依頼に対して、要求されている機能を満たすための処理を考え、ソースコードを書き、実際にシステムが稼働した瞬間です。システム化を進めることで職員の作業負担を減らし、局内の業務効率化を推進するのが情報システム担当のミッションの1つだと考えています。
 なお、私は情報系の学部出身ではないので、当室への配属をきっかけに、サーバ管理やプログラミング、データベース管理等の専門知識をOJTで学びました。最初は右も左も分からない状態で大変でしたが、「必要に迫られて必死でやれば何とかなる」という教訓を得ることができ、良い経験になりました。

【入局してからの感想】
 入局前、官庁訪問で職員の方と接していたときに感じた「雰囲気がよさそう」という印象は、入局後も変わりませんでした。人間関係がよく、分からないことは周りの上司や先輩方に聞けば手厚くサポートしてもらえるので、とても働きやすい職場だと感じました。

【官庁訪問を希望する方へのメッセージ】
 近畿経済産業局の業務は多岐にわたり、年次・役職問わず議論に参加できる風土があるので、好奇心旺盛で、主体的に物事を考えられる方に向いている職場だと思います。皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

 

創業・ベンチャー企業を支援しています!

創業・経営支援課 森門 明日香(2010年入局・行政)

【現在の業務のやりがい】
 当課では、関西で多くの起業家が生まれ、ベンチャー企業が成長できる環境の整備に取り組んでおり、「女性起業家応援プロジェクト(LED関西)」、「関西起業家・ベンチャーエコシステム構築プロジェクトモデル事業(NEXT INNOVATION)」の2つのプロジェクトを推進しています。私は後者のプロジェクトを担当しており、現在は創業支援を行う自治体や、起業モデルとなるような成長志向の起業家へのヒアリングを重点的に行っています。今後は、家業を継ぐ予定の学生や社会人向けの講座や、起業家と地域の人たちの交流会を実施する予定です。
 私は、今年4月に育休から復職し、子どもの保育園お迎えのために早出勤務制度を活用し始業時間を繰り上げています。時間の制約はありますが、出来る限り外へ出て、起業家、自治体、支援機関等の方々から直接話を伺って、その内容をプロジェクトに活かすべく、日々業務に取り組んでいます。

執務風景

【入局してからの感想】
 色々なことに興味のある人にとっては非常に楽しい職場です。若手のうちは異動が多い(私は入局して8年目ですが、すでに6部署目です!)ので、短いサイクルで多くのことが学べます。一口に中小企業支援と言っても、技術開発支援、人材支援、海外展開支援など多岐の分野にわたります。これはおもしろい!と思える仕事に必ず出会えます。

【官庁訪問を希望する方へのメッセージ】
 官庁訪問は局を知ることの出来る絶好のチャンスです。私自身はとても人見知りで当時はかなり緊張していましたが、私のつたない話でも真摯に対応していただき、そのおかげで絶対局で働きたい!と思うようになりました。ぜひ皆さんも職員に色々な質問をして、局のことを知り、局のことを好きになってください。

 

航空機業界の支援を担当しています!

製造産業課 横尾 舞華(2010年入局・行政)

執務風景

【現在の業務の内容・やりがい】
◆航空機産業を自動車に次ぐ日本の基幹産業として育てる!という政府方針の下、企業同士の連携を促進するマッチングやセミナーの開催、企業や自治体等とともに課題解決のための支援策を構築するなど、航空機産業支援のためのトータルコーディネーターのような業務をしています。
◆製造産業課に着任する前は、経済産業省航空機武器宇宙産業課に出向しており、航空機産業の支援を本省の立場で経験していたので、そこで得た知見やノウハウ、全国の企業等とのネットワークを最大限活かしながらの仕事が出来ており、企業や自治体等からも頼られることが多くなりました。
◆「これからの日本を支える産業を作っている」ということに対する誇りと責任感。それを企業とともに現場で体感できることが、やりがいでありPOWERの源です。

【入局しての感想】
 当局には、企業と二人三脚で取り組むような仕事が多いので、「仲良くなる術」(例:人懐こい、話上手、スマイルキラー)を持っている人が多い気がします。職員間も上下関係というより仲間意識の方が強く、当局の良さの一つだと思います。

【官庁訪問を希望する方へのメッセージ】
 前向きに取り組んでくれる仲間を待っています!

《1》  《2》

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 総務課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6001
FAX番号:06-6966-6071