トップページ > 施策のご案内 > ライフサイエンス・ヘルスケア関連産業  >  KRIC関連イベント・セミナー > 関西再生医療産業コンソーシアム 第4回KRICフォーラムを開催します

関西再生医療産業コンソーシアム 第4回KRICフォーラム『オープンイノベーションによる再生医療の産業化を目指して』を開催します(平成30年8月3日)

最終更新日:平成30年7月27日

 近畿経済産業局では、再生医療分野に参入している企業と、新たに参入意欲を有している企業による企業間連携等を支援することによって、再生医療に寄与する製品やサービスの創出や、研究開発を促進する「関西再生医療産業コンソーシアム(略称:KRIC)」を2015年8月に設置し、ビジネスマッチングやセミナー、テーマ別勉強会等を実施しています。

 再生医療は、手術や投薬などでは治療困難な疾患の根本治療に途を開くもので、その実現に向けては、企業単独ではなく、様々な企業の強みを掛け合わせるオープンイノベーションにより技術や製品開発を加速化させることが必要です。

 本フォーラムでは、アカデミアや企業におけるオープンイノベーションの事例発表を行うとともに、再生医療分野における企業ニーズの紹介も行う予定です。これらを通じて、再生医療分野の産業化に向けた更なる発展につながる場を提供いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。(案内チラシ

 

日時

2018年8月3日(金) 13:30~17:30(受付:13:00~)
           懇親会(17:45~19:00)

場所

京都リサーチパーク 4号館地下1階 バズホール(京都市下京区中堂寺粟田町93)
アクセスをご覧ください。

対象者

再生医療分野で事業展開している企業または参入を検討している企業
金融機関、ファンド、公的産業支援機関等のサポート機関 など

定員 

250名

主催

近畿経済産業局 関西再生医療産業コンソーシアム(KRIC)

共催

京都リサーチパーク株式会社

参加費用

無料(事前登録)

プログラム

13:30 主催者挨拶  近畿経済産業局 局長 森 清

13:40 基調講演「RNA-スイッチ技術と今年設立された『株式会社aceRNATechnologies』について研究者の立場から」

講師 齊藤氏

京都大学iPS細胞研究所 副所長、教授 齊藤 博英 氏
(講演概要)
iPS細胞は、医療に応用できる様々な細胞を創り出せる可能性を秘めているが、課題も存在する。特に重要なことは、iPS細胞から目的の細胞を安全、簡便、均一に創り出すことである。私たちの研究室では、RNA工学の技術をiPS細胞技術と組み合わせることで、これら課題を解決することを目指している。 本講演では、RNAという生体分子素材を活用した「RNAスイッチ」を活用した細胞の選別、運命制御技術について紹介する。 また、最近、本技術を活用し、再生医療と創薬の加速を目指すベンチャー企業を設立した。本ベンチャーが目指す未来についても議論したい。

14:40 休憩

14:50 基調講演 「戦略提携型オープンイノベーションを成功させるために…」

講師 窪田氏

ペプチドリーム株式会社 代表取締役会長 窪田 規一 氏
(講演概要) 
2006年に東大発バイオベンチャーとして創立した「ペプチドリーム」は独自の技術体系・ノウハウを特許・IP(知財)として体系化することにより世界の大手製薬企業と戦略的な共同研究開発を締結し新薬の開発に邁進している。そのビジネスモデルのコンセプトを紹介するとともに、特殊ペプチド創薬プラットフォームシステム:PDPS(Peptide Discovery PlatformSystem)から提案できる再生医療へのアプローチ例を紹介する。

15:50 休憩

16:00 オープンイノベーションマッチング

              企業による再生医療分野のニーズ発表(SPLine(株)、(株)サンプラテック、東和薬品(株)、新田ゼラチン(株)、(株)ワンビシアーカイブズ)

17:00 今年度のKRIC活動について

        近畿経済産業局

17:30 閉会挨拶


申し込み方法

申込フォームに必要事項を入力して、お申込み下さい。
(申込締切:満員になり次第終了)

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6163
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-bionews@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します