トップページ > 施策のご案内 > ライフサイエンス・ヘルスケア関連産業 >「近畿地域における中小企業の医療機器分野への参入可能性及び競争環境調査」及び「中小企業の医療機器分野への参入事例集」について

「近畿地域における中小企業の医療機器分野への参入可能性及び競争環境調査」及び「中小企業の医療機器分野への参入事例集」について

最終更新日:平成26年5月23日

 当局では、中小企業が医療機器分野に参入するにあたっての障壁、参入成功のための要因等を調査・分析し、近畿地域の医療機器産業の促進のための方策を検討した報告書を平成24年5月にとりまとめるとともに、中小企業による医療機器分野への参入事例集を作成しました。
 本調査結果をもとに、当局では関係機関と協力し医工連携の促進を進めるとともに、管内で医工連携に取り組む支援機関のネットワークを形成し、広域的な相談体制の構築、コーディネータ間の連携強化を図り、本事例集を広く配布することを通じて、ものづくり中小企業が医療機器分野に参入しやすい環境づくりを行います。

調査報告書

近畿地域のものづくり中小企業等に対して、アンケート及びヒアリング調査を実施し、中小企業が医療機器分野に参入する際の障壁や公的機関に求める支援内容を調査し、地域において取り組むべき施策を検討しました。

調査方法

医工連携に取り組むにあたって必要となる以下の機関に対して、アンケート及びヒアリング調査を実施。 (  )内:アンケート回答数 

  1. ものづくり中小企業(211社)
  2. 研究機関・大学(24機関)
  3. 産業支援機関(18機関)

調査結果中小企業が医療機器分野に参入するにあたっての参入障壁

薬事法規制の障壁

  • 医療機器分野に関する相談窓口のわかりにくさ
  • 医療機器に対するニーズ・シーズ、市場規模の把握の難しさ
  • 研究開発費用の調達の難しさ
  •  中小企業単独での参入が困難 等

検討結果

参入障壁課題に対して、政府・産業支援機関等近畿地域において実施すべき取組

  • 研究開発における連携先の紹介(マッチング)
  • 中小企業の医療機器分野への参入支援を行っている各機関相互における情報の共有、連携
  • 医療機器の特性を踏まえた外部資金の創設
  • 事業化に対する支援(薬事法規制への対応、市場規模に関する情報提供、販売企業との連携支援(マッチング))

中小企業の医療機器分野への参入事例集

 ヒアリングを実施した中小企業の中から、これから医療機器分野に取り組む企業にとって参考となりうる事例を抽出し、事例集としてとりまとめました。今後様々な機会を通じて事例集を広く配布し、ものづくり中小企業の医療機器分野への参入促進を図ります。

  1. 医療機器分野への参入事例  11事例
  2. 薬事法規制の対象外となる分野への参入事例 5事例
  3. 医療機器分野への参入を図ったが期待どおりに進まなかった事例 2事例

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6163
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-bionews@meti.go.jpメールリンク