トップページ > 施策のご案内 > ライフサイエンス・ヘルスケア関連産業 > 健康経営 > 認定企業による取り組み事例 > 株式会社パックス・サワダ(京都)

株式会社パックス・サワダ 

最終更新日:平成30年12月19日

法人概要

  • 本社所在地  〒601-8325 京都市南区吉祥院八反田町7-1
  • 代 表 電 話  075-585-1135
  • 設 立 年 月  1959年5月
  • 事 業 内 容  段ボールケース、化粧箱、その他包装資材の企画・デザイン・設計等・製造・販売
  • 従 業 員 数  45名(2018年11月時点)
  • 認 定 年  2017年、2018年

取組事例

 株式会社パックス・サワダは、段ボールを中心に紙器、フィルムなど包装資材全般の製造・販売を行っており、大手も含め工業系や食品系メーカー等との直接取引を行っている。本社においては総務、営業、デザイン企画等を行い、亀岡工場において生産活動を行っている。
 社長の考え方として、従業員が楽しく仕事に取り組むためには心身ともに健康でなければならないという方針を持っており、2016年1月に初めて、社内の基本方針に健康経営についての考え方を盛り込んでいる。そして、協会けんぽ京都支部から健康経営に関する様々な情報提供を受けてきた中で、自社でこれまで行ってきたことが健康経営に当てはまると考え、2016年10月に協会けんぽ京都支部の健康事業所宣言へ参加した。また、同年11月には京都府から「きょうと健康づくり実践企業認証制度」の最優秀賞を受けており、健康経営優良法人については2017年8月に認定を受け、以後も更新している。
 健康経営の取組みのうち、今年度充実させたものとして特筆すべきは、若年者の定期健診の充実を考え全従業員が40歳以上と同じ血液検査・心電図を含む内容で受診できるようにしたこと、インフルエンザ予防接種費用の半額会社補助制度を発足させたことがあげられる。従来からの毎朝朝礼時のラジオ体操、週1~2回のノー残業デーの実施、リフレッシュ休暇取得の推進、受動喫煙防止対策(屋内全面禁煙)、定期健診と生活習慣病予防健診(35歳以上の従業員)受診の徹底、特定保健指導の業務時間内における受診も継続中である。社内の5S安全委員会においては、全従業員から改善提案を募集し、より良い職場にするための現場の声を吸い上げる仕組みとして稼働している。その他、従業員が病気などでやむを得ず休職しなければならない場合に、休職期間の所得を補償するための保険制度も設けている。
 健康経営優良法人の認定を取得したことによって、得意先や取引先への当社の健康経営に対する取組みの認知度が高まってきている。また、従業員自身の健康管理に対する意識も上がった。
 社長は健康経営について、人財である各従業員自身が自分の健康の重要性に対する気づきを持ってもらうことが大切であるが、そのための更なる仕組み・仕掛け・コミュニケーションを創造していくのは会社であり、今後も引き続き取組を続けることが何より肝要と考えている。

取組の様子

 取組の様子   取組の様子

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6163
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-bionews@meti.go.jpメールリンク