近畿経済産業局ホーム
  > 報告書
  > 主な政策/情報化推進

「関西における組込みシステム産業競争力強化に向けて」
〜平成22年度新成長産業分野IT経営モデル事業調査報告書〜

この記事に関する問い合わせ先
 近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課
TEL  06−6966−6015 (直通)

最終更新日:平成22年4月8日

 
 組込みシステム産業は新成長産業分野に関連する電気機器、産業機器、エネルギー、医療関係(医療・分析・診断機器)等、関西が強みを有すると目される各分野の競争力強化に横断的に必須となる産業です。関西には組込みシステムの発注側である組込み製品メーカー企業と、その組込みシステムや組込みソフトウェアを開発する受注企業の集積があります。加えて高度なソフトウェア工学の研究を進めている大学や研究機関も数多く存在しています。
 一方、組込みシステムは、その中に組み込まれているソフトウェアによって高度な機能が実現されるものであることから、そのソフトウェアの信頼性(品質)が極めて重要となります。しかしながら消費者ニーズの高度化・複雑化と共に社会における組込みシステムの重要性が増すにしたがって、情報システム・ソフトウェアの大規模化・複雑化が進んでいるにもかかわらず、他社との厳しい競争から納期に追われるといった事情から、もはや個別企業の努力によっては品質を確保することが難しいのではないか、とも言われる状況となりつつあります。
 本調査研究は、このような状況の中で、「今後、関西地域の組込みシステム産業の競争力を強化していくために必要な施策は何か」を検討し、提言をまとめることを目的として実施したものです。 

【関西の組込みシステム産業競争力強化のための4つの提言】
  1.国内外にある新たな技法・ツールの活用支援
  2.世界に通用する地域力底上げの施策としての高度人材育成と表彰
  3.情報ネットワークプラットフォームづくり
  4.企業と技術の”見える化”で新しいビジネスを生み出す

 

 「関西における組込みシステム産業競争力強化に向けて」調査報告書

 報告書ダウンロード

   【全文】(PDF形式:2,454KB)

       【要約】(PDF形式: 206KB)   

このページの先頭へ

     【お問い合わせ先】
             近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課
                  <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
                  <TEL> 06-6966-6015(直通)
Copyright (C) 2004 METI KANSAI All rights reserved. 近畿経済産業局