近畿経済産業局ホーム
  > 報告書
  > 主な政策/情報化推進

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業
 (近畿地域中小企業利活用基盤整備事業)に係る報告書


この記事に関する問い合わせ先
 近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課
TEL  06−6966−6015 (直通)

最終更新日:平成24年6月18日

 現在、情報技術分野はクラウドコンピューティングを利活用した大容量情報の蓄積・分析等による新たな価値を提供するサービス等が急速に普及してきています。今後も次世代情報処理基盤としてクラウドコンピューティングを利活用したビジネス向けのサービス等がさらに普及していくものと予測されています。
 一方で、急速に進展するクラウドコンピューティングによる情報技術環境の変化は、情報サービス産業の構造変化をもたらすものと推測されており、特に、中小ITベンダは首都圏を中心とした大手ITベンダからの受託開発を主流としてきましたが、今後、クラウドサービス等に対応したビジネスモデルの転換等が必要となっていくことが『情報経済革新戦略(平成22年5月経済産業省産業構造審議会情報経済分科会)』においても指摘されているところです。
 そこで、地域中小企業の競争力強化や生産性向上を図るとともに、情報サービス産業の構造的課題に対応することを目的として、経済性かつ利便性の高いクラウドコンピューティングの利活用を中心に、中小企業のIT利活用の促進と中小ITベンダのクラウドサービスの展開等との連携強化を図るため、地域におけるクラウド利活用環境整備事業を実施しました。
 本事業では、近畿地域のITベンダが提供するクラウドサービスと、それを活用する地域ユーザの活性化を促進するために、地域コミュニティの役割、自立化のための方策等について検討しました。

 近畿地域中小企業利活用基盤整備事業報告書
このページの先頭へ

     【お問い合わせ先】
             近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課
                  <住所> 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
                  <TEL> 06-6966-6015(直通)
Copyright (C) 2004 METI KANSAI All rights reserved. 近畿経済産業局