トップページ > 施策のご案内 > 海外展開支援 > 関西とベトナムとの経済交流事業 > ベトナム・ドンナイ省において「ものづくり拠点化モデル事業」を開始します

ベトナム・ドンナイ省において「ものづくり拠点化モデル事業」を開始します

最終更新日:平成29年5月17日

  近畿経済産業局はこれまでベトナム・ドンナイ省との間で経済交流を深めて来ましたが、この度ドンナイ省人民委員会との間で人材育成等を通じた「ものづくり拠点化モデル事業」を実施することを合意しました。
  具体的には、日系企業と現地企業の結節点となるコーディネータ人材の育成及び高等教育機関での日本型ものづくり人材育成プログラムを今年度実施します。
  当局では関係機関と協力し、本モデル事業を通じて、ベトナムにおける裾野産業の育成と、関西のものづくり企業のベトナム進出を支援していきます。

1.事業実施に至る背景

 我が国のものづくり中小企業の進出先としてベトナムに対する関心は依然として高いものの、進出後の販路及び人材確保に加え、日本と同等の品質水準を担保するためのサプライチェーンの構築が進出の課題ともなっています。
  そこで、近畿経済産業局では平成28年度に「TPP発効を見据えたベトナムのものづくり拠点化調査」を実施し、その実態を明らかにするとともに今後の支援方策として本モデル事業(別紙1)を実施することといたしました。

2.ものづくり拠点化モデル事業の概要

現地コーディネータ人材の育成(別紙2)

  ベトナムのローカル企業情報(有する基盤技術やレベル等)は極めて少なく、新規進出や既存の日系企業が現地企業との事業協力を行う上で大きな障害となっています。これを解決するため、裾野産業間(ローカル企業と日系企業)の橋渡しを行うコーディネータを育成し、両国にメリットがある形でベトナムの裾野産業の強化を目指します。 

日本型ものづくり人材育成(別紙3)

  ラックホン大学・ドンナイ高度技術職業訓練短期大学において、日本型ものづくり講座(3S、安全コース)を指導できる教員の養成を通じ、ベトナムにおけるものづくり人材の育成と日系企業への人材供給システムの構築を目指します。 

ベトナム人材の活用支援

  留学生等の日本滞在や職業訓練経験のあるベトナム人材のコミュニティ活動を支援し、関西の中小ものづくり企業とベトナム人材の交流の機会を創出します。 

別紙1 ベトナムものづくり拠点化モデル事業

別紙2 現地コーディネータ人材の育成

別紙3 日本型ものづくり人材育成

(参考)ベトナムのものづくり拠点化調査結果のポイント

 1.販路ニーズの確認
    (1)現状と課題
  ・ベトナムで特に不足する業種として「めっき」、「精密加工」、「金型」、「熱処理」
  ・進出ニーズはあるものの、中小企業にとって初期投資リスクが過大
  ・中小企業間の連携機会、連携を促進する機関及び人材が不足
    (2)支援の方向性
  ・現地公的機関のコーディネート力の強化
  ・優良ローカル企業(地場企業)等の発掘や販路開拓情報の提供
 2.ベトナム人材の活用
    (1)現状と課題
  ・ベトナムでは全職種について不足/特に熟練技術者は不足感が強い
  ・関西と接点を持ったベトナム人材とものづくり中小企業との接点不足
    (2)支援の方向性
  ・日本への留学生等とものづくり中小企業との交流会づくり
 3.現地裾野産業市場の拡大
    (1)現状と課題
  ・ベトナム国内産業の発展にローカル企業の技術レベルが追いついていない
    (2)支援の方向性
  ・ベトナムの大学向けの日本型ものづくり人材の育成支援

※ドンナイ省との協力文書の締結について
   平成25年4月、近畿経済産業局はドンナイ省人民委員会との間で、関西とドンナイ省の経済発展を促進することを目的とした協力文書を締結。(平成27年5月、内容を見直しの後に更新)
 1.裾野産業育成に関する協力
 2.産業人材育成に関する協力

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 国際事業課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6032
FAX番号:06-6966-6087