トップページ > 施策のご案内 > 集客交流促進 > 留学生によるモデルコースチェック!~海の京都・京丹後編~産業観光モデルコース設定支援事業を実施します

留学生によるモデルコースチェック!~海の京都・京丹後編~ 産業観光モデルコース設定支援事業を実施します

最終更新日:平成27年9月25日

9月30日に京都府京丹後市において、留学生による地域の産業観光モデルコースの体験事業を実施します。
外国人目線でのアドバイスを活用し、本コースが地域の魅力発信に繋がるものであるかの検証を行い、海外へ発信します。

※なお、今回の留学生によるモデルコースチェックは、関係者のみの参加となっております。あらかじめご了承下さい。

詳細については、後日「産業観光モデルコース」 に掲載する予定です。

概要  

 地域が持続的に経済発展を続けるためには、地域資源を活用した海外からの集客の一層の増大が重要であり、地域資源のひとつである産業観光への期待が高まっています。そのため、地域資源の魅力を発信し、海外からの集客を増大させるためには、単独の産業観光施設の紹介だけでなく、地域のストーリー性を持たせたコース設定が必要です。

 今回も昨年度に実施した産業観光モデルコース設定支援事業・滋賀編京都編及び奈良編に続き、留学生(Kansai Tourism Supporters(※))が、その地域の産業・歴史・文化を勘案したモデルコースを体験します。

 本事業では、このモデルコースが、京都府京丹後市の魅力発信につながるものであるかを検証するとともに、留学生によるSNSを通じた日本語及び母国語での情報発信に加え、当局ウェブサイトにおいてもモデルコース及び留学生の体験レポートを紹介し、地域の魅力を海外へ発信します。

 なお、本事業は、京丹後市並びに(公財)都市活力研究所等の協力の下、実施するものです。

 ※ (公財)都市活力研究所外部リンク 新しいウィンドウで開きますが、外国人留学生を組織化して、観光プロモーションやまちづくりイベント等の現場に派遣することにより、外国人目線でのコンテンツの評価や母国語で関西の情報発信を行う「Kansai Tourism Supporters」事業を実施。

日時

平成27年9月30日(水)

実施場所

京都府 京丹後市

スケジュール

  • 9:00~9:30 京丹後市 中山市長表敬
  • 10:00~10:40 丹後ちりめん織元 たゆう外部リンク 新しいウィンドウが開きます(田勇機業株式会社)(京都府京丹後市網野町浅茂川112)

               ~丹後ちりめんの製造工程見学~

  • 11:00~11:40 アミティ丹後外部リンク 新しいウィンドウが開きます(公益財団法人丹後地域地場産業振興センター)(京都府京丹後市網野町網野367番地)

          ~丹後ちりめんハンカチ染色体験~

  • 13:40~14:20 琴引浜ガイド付き鳴き砂体験

          ~「琴引浜」:全長1.8kmにわたる白砂青松の美しい浜~

  • 14:40~15:20 大成古墳群より「立岩」展望

          ~そそり立つような姿が日本海と相まって美しいコントラストを醸し出している高さ約20mの柱状玄武岩の自然岩~

※モデルコースの時間は、あくまで目安であり、交通事情などにより変更となる場合があります。

コーステーマ

「海の京都・京丹後市をめぐるコース」

  •  「海の京都」京丹後市は、美しいリアス式海岸や砂丘をはじめ、雄大な自然に囲まれた地域です。
     多彩な地形が生み出す気候風土により、伝統産業の丹後ちりめんが生まれ、そして、山海の幸にも恵まれており、自然・歴史・伝統・食の魅力を余すことなく味わうことができます。
     また、平成27年7月には、京都縦貫自動車道が全線開通したことによりアクセスが大幅向上。さらに大阪・京都から高速バス一本で行くことができ、より簡単に、より身近に京丹後市の魅力を感じることができます。

留学生による魅力発信方法

  • SNSを通じての日本語及び母国語での発信
  • 当局ウェブサイトでの施設体験レポート紹介
  • 当局ウェブサイトでのモデルコースの紹介 

主催

近畿経済産業局

協力

京丹後市、(公財)都市活力研究所、INVEST関西会議、近畿運輸局

(参考)留学生がモデルコースチェック!~滋賀編・京都編~

【滋賀編】古くからの交通の要所である愛荘町を巡るコース

京都編】やすらぎの京を体験するコース

産業観光モデルコースのトップページ

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 投資交流促進課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6033
FAX番号:06-6966-6087
メールアドレス:kin-kansai-technical-visit@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します