トップページ > 施策のご案内 > 集客交流促進 > 留学生によるモデルコースチェック!~福井編~産業観光モデルコース設定支援事業を実施します

留学生によるモデルコースチェック!~福井編~ 産業観光モデルコース設定支援事業を実施します

最終更新日:平成29年2月17日

2月21日から2月22日にかけ、福井県において、留学生による地域の産業観光モデルコースの体験事業を実施します。
外国人目線でのアドバイスを活用し、本コースが地域の魅力発信に繋がるものであるかの検証を行い、海外へ発信します。

※なお、今回の留学生によるモデルコースチェックは、関係者のみの参加となっております。あらかじめご了承下さい。

詳細については、後日「産業観光モデルコース」 に掲載する予定です。

概要  

 地域が持続的に経済発展を続けるためには、地域資源を活用した海外からの集客の一層の増大が重要であり、地域資源のひとつである産業観光への期待が高まっています。そのため、地域資源の魅力を発信し、海外からの集客を増大させるためには、単独の産業観光施設の紹介だけでなく、地域のストーリー性を持たせたコース設定が必要です。

 第9回となる今回も、Kansai Tourism Supporters(※)がその地域の産業・歴史・文化を勘案したモデルコースを体験します。

 本事業では、このモデルコースが、福井県の魅力発信につながるものであるかを検証するとともに、留学生によるSNSを通じた日本語及び母国語での情報発信に加え、当局ウェブサイトにおいてもモデルコース及び留学生の体験レポートを紹介し、地域の魅力を海外へ発信します。

 なお、本事業は、福井県並びに(公財)都市活力研究所等の協力の下、実施するものです。

 ※ (公財)都市活力研究所が、外国人留学生を組織化して、観光プロモーションやまちづくりイベント等の現場に派遣することにより、外国人目線でのコンテンツの評価や母国語で関西の情報発信を行う「Kansai Tourism Supporters」事業を実施。

日時

平成29年2月21日(火)~平成29年2月22日(水)

実施場所

福井県(福井市・勝山市・永平寺町・鯖江市・越前市)

スケジュール

  • 平成29年2月21日(火)
  • 12:00~14:30 大本山永平寺(福井県吉田郡永平寺町志比5-15)

          ~精進料理、拝観、坐禅体験~

               ~館内見学~

  • 平成29年2月22日(水)

          ~庭園見学~

          ~着付け体験~

          ~館内見学~

          ~和紙作り体験、工房見学~

          ~そば打ち体験、昼食~

          ~工房見学~

 

 ※モデルコースの内容は、交通事情などにより変更となる場合があります。

コーステーマ

福井が誇る「ZEN」を感じるコース

  • 四季折々の美しい自然、受け継がれてきた歴史と文化、日本を代表する伝統工芸の技など、福井には”ZEN”が息づいています。
    今回、大本山永平寺での坐禅体験のほか、海外での評価の高い旧福井藩主松平家別邸の名勝 養浩館庭園の見学、和紙の里での紙すきなどを通じて、福井が誇る”ZEN”の世界の一端に触れていただきます。

留学生による魅力発信方法

  • SNSを通じての日本語及び母国語での発信
  • 当局ウェブサイトでの施設体験レポート紹介及びモデルコースの紹介

主催

近畿経済産業局

協力

福井県、(公財)都市活力研究所、INVEST関西会議

(参考)これまでに実施した産業観光モデルコース

産業観光モデルコースのトップページ

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 投資交流促進課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6033
FAX番号:06-6966-6087
メールアドレス:kin-kansai-technical-visit@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します