トップページ > 施策のご案内 > 特許・知財 > 地域団体商標

地域団体商標 

最終更新日:平成28年4月19日

地域団体商標は、幅広いジャンルの地域ブランドを登録することができます

 平成18年4月に導入され、平成28年3月31日までに1,130件の出願が行われ、高い関心を集めています。
 地域の農林水産物はもちろんのこと、古くからそのブランド価値を認められてきた日本古来の手法で製造され「伝統工芸品」、これからブランド価値を高めていこうと地域興しの一環として近年盛り上がりをみせている、いわゆる「ご当地グルメ」や、商品に限らずサービスである温泉や商店街等も登録されています。

  近畿地域では、平成28年3月31日現在において、158件の地域ブランドが登録査定を受け、全国の約26%を占めています。

◆特許庁ホームページ → 「地域団体商標制度」外部リンク 新しいウィンドウで開く

 

「地域団体商標事例集2016」についてNew

  特許庁は、地域ブランドの保護・振興のため平成18年4月に導入した「地域団体商標制度」の、一層の普及と活用を促進するため、平成27年12月31日までに登録された地域団体商標587件の権利者情報・紹介写真及び活用事例等を掲載した、「地域団体商標事例集2016」を作成しました。 

◆特許庁ホームページ → 「地域団体商標事例集2016」について外部リンク 新しいウィンドウで開く

 

地域団体商標活用事例

 平成26年度に当局企画課が実施した「近畿地域の地域団体商標の活用に向けた映像制作事業」及び「近畿地域の(菓子)食材にかかる地域団体商標を用いた異分野連携促進調査事業」において、近畿地域にある地域団体商標等から数点抽出し、それぞれ映像作品や調査報告書を作成しました。

地域団体商標活用事例

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6016
FAX番号:06-6966-6064
メールアドレス:kin-chizaihonbu@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します