トップページ > 施策のご案内 > 特許・知財 > セミナー・イベント一覧

セミナー「米国特許実務の最前線 ~日本企業が世界で勝つために~」 

最終更新日:平成28年5月13日

 日本企業の多くが海外での事業展開を活発化させてきている中で、米国は世界の消費地であり、日本企業にとってはいうまでもなく、世界に通じる巨大市場として重要な市場として位置づけられています。さらに、米国は、医療・バイオ、ICT、人工知能などの最先端技術を活用したイノベーション創出が活発であり、新分野のグローバル展開を目指す日本企業にとって、今後の企業経営戦略上、最も重要な戦略拠点の1つです。そのような米国の特許制度及び特許出願・訴訟実務に精通することは、日本企業の経営戦略を支える企業知財部や、弁護士・弁理士の資質として不可欠な要素となっていると言っても過言ではありません。

 今回は、米国における最新の特許制度の動向、それに則した特許出願・訴訟等の特許実務に精通したエキスパートをお招きし、以下の内容でセミナーを開催いたします。

 

概要

日時

2016年5月26日(木)10:00~12:00(受付は9:30から開始します)

場所

日本弁理士会近畿支部室(明治安田生命大阪梅田ビル25階)
 アクセスマップ

定員

140名 (先着順)
 ※対象者は弁理士、弁護士、企業知財担当者

参加費

無料

講演内容

テーマ:「米国特許実務の最前線 ~日本企業が世界で勝つために~

 ・米国での権利行使に向けた米国特許法改正に照らした明細書ドラフティング(仮名)
 ・米国の当事者系再審査制度(Inter Parties Reviews)で勝つための戦略(仮名)
 ・TPP合意についてのIP論点(仮名)

講師:Sharon A.Israel 氏(予定)
   (MAYER・BROWNパートナー弁護士、米国知的財産法協会(AIPLA)前会長(2014-
    2015))。特許実務、特に訴訟実務に精通。詳細はこちら外部リンク 新しいウィンドウで開きますご参照ください。

 ※逐次通訳あり(ただし、資料は英語のみとなります)

主催・共催

主催:近畿経済産業局特許室
共催:日本弁理士会近畿支部、弁護士知財ネット

 

申し込み方法

参加をご希望される方は、以下の要領で5月23日(月)17:00までにお申し込みください。
ただし、定員に達し次第、締切りとさせていただきます。

 ・メール件名:セミナー「米国特許実務の最前線」申込み 
 ・メール本文:参加者の勤務先名、役職、TEL、E-mailアドレスを記載して下さい。
 ・申込先アドレス:kin-patent@meti.go.jpメールリンク リンクソフトが起動します

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課 特許室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6016
FAX番号:06-6966-6064
メールアドレス:kin-chizaihonbu@meti.go.jpメールリンク リンクソフトが起動します