トップページ > 施策のご案内 > 特許・知財 > 知財ワークショップ開催事業

知財ワークショップ開催事業

最終更新日:平成30年12月12日

知財ワークショップの参加者を募集します! (参加費無料)

中小・ベンチャー企業の知財知識の向上をはかるとともに知財関連支援機関等の支援能力のレベルアップを目的としたワークショップを開催します。

平成30年度 もうけの花道 ワークショップセミナー ~ 経営に知的財産を活かす!動画、グループワークから学ぶ ~
【中国経済産業局との連携事業】NEW!

 モノ作り企業にとって、経営に影響する知的財産の課題とはどのようなことでしょうか。自社の事業や商品、技術をきちんと守れているか、ノウハウと権利化で気をつけることは何か。企業活動の中に埋もれる身近な課題について、「もうけの花道」(※)のWeb動画による事例を用いたグループディスカッションを通して学び合いましょう。
 ※特許・知的財産を活用した経営戦略の成功事例や大学・研究所・企業の驚きの新技術などを動画でわかり易く紹介する知的財産WEBサイト。
 

■日程、会場

 平成31年1月16日(水) 14:00~16:30 大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー セミナー室202(大阪市) アクセスマップ

■定員

 30名程度

■プログラム

 もうけの花道内の「もうけの知財教室」コーナーに掲載しているテキストを用いて、以下のテーマに関する動画の視聴、グループワーク、講師による解説という流れを通して、知識を深めていきます。

(テーマ)
 1.商標を取得するときの落とし穴
 2.自社のノウハウと思い込んでいる時の落とし穴
 3.共同開発時に自社技術が流出した時の落とし穴
 4.オープンクローズ戦略について

(講師)
 ディスプロ株式会社 代表取締役 チーフプロデューサー 桑原 良弘 氏

■申し込み方法

 お申し込みされる方は、ご案内チラシの下部「もうけの花道ワークショップセミナー参加者募集(案内)」を記載の上、FAXまたはE-mailにて送付下さい。

■お問い合わせ・申込先
 TSSプロダクション知的財産web動画 もうけの花道 宛
 FAX:082-251-3334、E-mail:h-yamamoto@tss-pro.co.jp

平成30年度 中小・ベンチャー企業の知財の戦略的活用のためのワークショップ   ※終了しました。

  中小・ベンチャー企業においても、さらなる成長を期すうえで知財戦略の強化が求められています。ところが、「知財すなわち特許の申請・取得」という考えに帰結し、取得した権利を最大限に活用できていない例がまだまだ多くみられます。知財を自社の競争力の源泉として経営戦略の中に位置づけ、それを事業に組み入れることにより、収益性および企業価値の最大化を図ることへの理解が必要です。
 本ワークショップは、中小・ベンチャー企業の経営者や支援機関の知財担当者等を対象に、知財の活用による収益向上の仕組みづくりの解説と、参加者同士によるケーススタディの議論を通じて、知財の戦略的活用の重要性に気づいてもらう機会となります。
 中小・ベンチャー企業の経営者・知財担当者、知的財産関連支援機関の担当者のみなさまのご参加をお待ちしています。

■日程、会場

  第1回 平成30年11月12日(月) 13:00~16:30 福井商工会議所 会議室A(福井県福井市)アクセスマップ

  第2回 平成30年12月4日(火)   13:00~16:30 大津商工会議所 会議室1(滋賀県大津市)アクセスマップ

■定員

  各回15名程度

■プログラム(詳細はセミナーの募集サイトをご覧ください)

基調講演(13:05~13:45)

 「知的財産の活用による収益力向上の仕組みづくり」

     後藤 昌彦氏 (株式会社IP MaaCurie 弁理士、中小企業診断士)

○グループディスカッション(14:00~16:00)

  ファシリテータ(独立行政法人工業所有権情報・研修館 近畿統括本部[INPIT-KANSAI])

○まとめと振り返り(16:00~16:20)

■申し込み方法

 お申し込みされる方は、「セミナーの参加申し込みはこちら」をクリックし、必要事項を入力してください。

 ※本ワークショップの運営業務は、日刊工業新聞社が行っており、同社が作成するホームページ及び「参加申し込みフォーム」にリンクいたします。参加申し込みについては、日刊工業新聞社にお問い合わせください。

<お問い合わせ・申込先>

  • 平成30年度知財ワークショップ開催事業事務局(日刊工業新聞社)
    TEL 06-6946-3372

 

平成29年度 第2回 中小・ベンチャー企業向けワークショップ【デザイン戦略編】   ※終了しました。

 市場ニーズの多様化が進み、商品のライフサイクルの短期化が進む近年、デザイン力で他社との差別化を図ることに成功しているApple社のiPhoneのように、製品に大きな付加価値を与える「デザイン(意匠)」が重要視されています。他方、ものづくりの現場ではよりスピーディな開発・設計が求められています。そのような中、開発・生産拠点のグローバル化に伴い、欧米を中心として3Dデータ環境を活用したものづくりが急速に進んでおり、我が国の中小・ベンチャー企業にとっても対応が急務となっています。
  本ワークショップでは、高付加価値化の手法として時間軸を加味したデザイン戦略と今後、主流となる3Dデータ環境を軸としたバーチャルエンジニアリングによるものづくりの姿を紹介いただきます。併せて、専門家より意匠制度の有効活用という視点から、実例を交えながらデザイン戦略と意匠権の活用について解説いただきます。
 デザイン戦略に取り組む中小・ベンチャー企業の経営者や設計・デザイン担当、知財担当者、産業支援機関の知財担当者等のご参加をお待ちしています。

日時

平成30年2月6日(火) 14:00~17:00

会場

イオンコンパス大阪駅前会議室 Room B (大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階) アクセスマップ

定員

30名 ※先着順。申込者多数の場合は調整することがあります。

プログラム(詳細はご案内チラシをご覧ください)

○講演1(14:00~15:00)

「経験価値につながる、時間軸を考慮した"4次元デザイン"戦略」

大倉 清教 氏 ((有)ケプラデザインスタジオ 代表取締役社長)

○講演2(15:00~15:40)

「バーチャルエンジニアリング時代における、新たな擦り合わせによるモノづくり」

井形 哲三 氏 (EPLAN Software&Services(株) 代表取締役)

 ~休憩5分~
○講演3(15:45~16:45)

「ブランド&デザイン戦略と知財マネジメント」

山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 知的財産研究科 特任教授)

申し込み方法

 申し込みされる方は、こちらの申込受付用ページの「参加する」をクリックのうえ、必要事項をご入力いただくか、ご案内チラシの参加申込欄に必要事項を記入しFAX送信してださい。

※本ワークショップの参加申込受付等の運営業務は、日刊工業新聞社が行っており、同社が作成するホームページ及び「参加申し込みフォーム」にリンクいたします。参加お申し込みについては、日刊工業新聞社にご連絡ください。

<お問い合わせ・申込先>

  • 平成29年度知財ワークショップ開催事業事務局 日刊工業新聞社内
  • TEL 06-6946-3372
  • FAX 06-6946-3389

 

 

平成29年度 第1回 中小・ベンチャー企業向けワークショップ【異分野展開編】   ※終了しました。

 企業の成長・発展に、異分野への展開・新市場の開拓は不可欠であり、そのための新商品開発や技術開発に係るコストは、経営資源に限りのある中小・ベンチャー企業にとって決して少なくない負担と言えます。他社や大学等研究機関などの外部リソースを有効に活用することは、このような課題の解決策の一つとなり得ます。
 本ワークショップでは、異分野展開の事例として、ものづくりと医療分野の連携事例、産学連携によるドローン市場の参入事例を中小企業経営者等よりご紹介いただくとともに、弁護士より異分野展開を目指す産産連携・産学連携時の共同開発等における知財面での契約の留意点などを解説いただきます。異分野展開に取り組む中小・ベンチャー企業の経営者や知財担当者、企業との共同研究開発を推進している支援機関の知財担当者等のご参加をお待ちしています。

  ※第2回中小・ベンチャー企業向けワークショップ【デザイン戦略編】は平成30年2月6日(火)に開催予定です。

日時

平成29年11月28日(火) 14:00~17:00

会場

大阪工業大学梅田キャンパス セミナー室201 (大阪市北区茶屋町1-45 OIT梅田タワー2階) アクセスマップ

定員

30名 ※先着順。申込者多数の場合は調整することがあります。

プログラム(詳細はご案内チラシをご覧ください)

○事例紹介1(14:00~15:10)

「LED照明技術の転用への試みと産学による医工連携活動の課題」

島田 順一 氏 (YANCHERS㈱ 取締役/京都府立医科大学 呼吸器外科 病院教授)

○事例紹介2(15:10~15:50)

「ドローン市場への参入で経験した産学連携の効果と困難さ」

菱田 聡 氏 (菱田技研工業(株) 代表取締役)

 ~休憩5分~
○知財解説(15:55~16:45)

「共同研究開発の交渉ポイントと契約書で定めておくべきこと」

山口 裕司 氏 (大野総合法律事務所 弁護士)

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6016
FAX番号:06-6966-6064
メールアドレス:kin-chizaihonbu@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します