トップページ > 施策のご案内 > 対日投資施策 > 各種情報(事例で見る対日投資)> 日本イーライリリー

事例で見る対日投資(日本イーライリリー株式会社)

最終更新日:平成25年8月28日

English Page

【アメリカ】日本イーライリリー株式会社

開設:1975年
所在地:神戸市中央区磯上通7-1-5
事業内容:医療用医薬品の研究開発・製造・販売
ホームページ:日本イーライリリー株式会社外部リンク 新しいウィンドウで開きます

インタビュー

lilly_Hayashi日本イーライリリー株式会社は、アメリカ・インディアナ州インディアナポリスに本社を構え、全世界に8研究拠点、13工場、40,000名の社員を抱える「イーライリリーアンドカンパニー」の日本法人です。日本国内には神戸市内の本社の他に、最新鋭の技術を駆使した注射剤も生産する工場があります。
今回は渉外企画部企業広報・社内広報部長の林 由実子氏にお話をお伺いしました。

 

 


林 渉外企画部企業広報・社内広報部長

日本イーライリリー(株)について

日本イーライリリー株式会社では、医療用医薬品の研究開発、製造、販売を行っているほか、主に中枢神経領域、癌領域、内分泌・代謝領域・骨領域の3領域を中心に、医薬品の治験を行っています。

関西のビジネス環境への評価

大阪には製薬企業本社が集積した薬の問屋街である道修町があったことや、もともと関西にビジネスパートナーがいたこともあり、日本本社を神戸へ置くことにしました。ダイバーシティを重視している当社では、日本人以外にも多様な国籍の従業員が働いているため、学校や外国語が通じる病院、外国人コミュニティなどの存在が非常に重要です。そのような点において、神戸は外国人を受け入れる住環境が整っていると評価しています。
また、関西は産学官連携の活動が活発であり、ネットワークが柔軟であるため、初期段階の構想であっても、気軽に相談できる環境があります。その他にも、関東に比べビジネスコストも安く、相対的にビジネス環境がよいと感じています。

地域企業との連携について

当社では企業の国籍や規模に問わず、常に広くパートナー企業を求めています。製薬分野における共同研究開発のほか、マーケティングや販売ツール等ソフト面においても、地域の企業様と連携できる機会があるのでは、と考えています。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 投資交流促進課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6033
FAX番号:06-6966-6087
メールアドレス:invest-japan-kansai@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します