トップページ > 施策のご案内 > 農商工連携 > 「新たなビジネスモデルは農商工連携から」~認定事業者から学ぶ農商工連携~

「新たなビジネスモデルは農商工連携から」~認定事業者から学ぶ農商工連携~

最終更新日:平成29年7月24日

  農商工連携事業とは農林漁業者と商工業者が通常の取引関係を超えて協力し、お互いの強みを活かして売れる新商品・新サービスの開発、製造、販売を行う事業です。 

  平成20年7月21日に「農商工等連携促進法」が施行され、「農商工連携」に取り組もうとする方々の事業計画を国が認定し、各種支援策でサポートしています。 

  この度、本事業を活用した事業者へインタビューをしました。農商工等連携事業に関心のある方々の参考になれば幸いです。 

 

これから農商工連携をお考えの事業者様必見!農商工連携事業のヒントがここにあります!

インタビュー事業者

「農商工連携においてどんな苦労やメリットかあったのだろう?連携のきっかけは?」                                   

(7)大徳醤油株式会社(兵庫県養父市)テーマ名:養父市産の有機野菜と有機醤油を用いた有機ドレッシング等の加工食品製造・販売事業NEW!

(6)西出製茶場(京都府宇治田原町)テーマ名:京都府産深蒸し被覆茶を使用した宇治茶では新しい茶葉であるかぶせ日数をコントロールした「京ふか冠茶」の開発・販売

(5)吉田酒造有限会社(福井県永平寺町)テーマ名:山田錦の網下米を活用した発泡性清酒の開発・製造・販売事業

(4)日乃本食産株式会社(兵庫県三田市)テーマ名:丹波産・三田産栗の未利用分を活用する新しい地域ブランド商品の開発・製造・販売

(3)アイバイオプロダクツ株式会社(大阪府八尾市)テーマ名:規格外柑橘類を使用した生食感覚の剥皮柑橘デザートの開発・製造・販売

(2)株式会社和田萬商店(大阪府大阪市)テーマ名:兵庫県産の「日本のへそごま(金ごま)」と白ごまを用いた新商品の開発・製造・販売

(1)新珠製菓株式会社(福井県越前市)テーマ名:福井県産”黄金の梅”「新平太夫」を使用した梅製品の開発・製造・販売事業

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 産業課  産業振興室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6054
FAX番号:06-6966-6078
メールアドレス:kin-sanshinshitsu@meti.go.jp