トップページ > 施策のご案内 > 新規事業・創業 > 平成29年度関西起業家・ベンチャーエコシステム構築プロジェクト概要 > 若手後継者の「ベンチャー型事業承継」を応援します!~啓発イベントと連続講座を開催~

若手後継者の「ベンチャー型事業承継」を応援します!~啓発イベントと連続講座を開催~

最終更新日:平成29年9月26日

 近畿経済産業局では、若手後継者向けにベンチャー型事業承継に関する「啓発イベント」と「連続講座」を実施します。
 ベンチャー型事業承継※1のロールモデルを参考に、家業で新たにイノベーションを起こす機会を設け、新事業創出にチャレンジする機運を醸成します。 

概要

 近畿経済産業局では、ベンチャー型事業承継の啓発イベントと後継者予備軍を対象にした連続講座を実施し、家業の経営資源があるからこそ生み出せる新たな可能性や、事業承継ならではの苦労や克服に向けた取組を共有する場を設け、若手後継者が新しい取組にチャレンジする機運を醸成します。
 講座受講者がベンチャー型事業承継を行う場合には、よろず支援拠点、(独)中小企業基盤整備機構等の産業支援機関への紹介、事業承継に関する補助金等の施策の活用など、段階に応じた支援を行います。

  • 1 「ベンチャー型事業承継」とは、経営を新たに引き継ぐ者が先代から受け継ぐ有形・無形の経営資源をベースに、新規事業、業態転換、新市場参入など新たな領域に挑戦することを表します。

1.啓発イベント「トークセッション ベンチャー型事業承継のススメ」

日時・場所

2017年10月4日(水)18:30~20:30
関西大学梅田キャンパス「KANDAI Me RISE」(大阪市北区鶴野町1-5)

主催

近畿経済産業局

共催

大阪イノベーションハブ、関西大学梅田キャンパス

主な内容

家業のフィールドでユニークな事業を展開された経営者に、ベンチャー型事業承継を実現する上での鉄則、家業にもたらす可能性等について語っていただくとともに、近畿経済産業局NEXT INNOVATION※2事務局 プロジェクトリーダーから、ベンチャー型事業承継に関する取組概要について紹介します。

  • ※2近畿経済産業局では、関西の創業・ベンチャー起業環境整備の加速化を目的に、「関西起業家・ベンチャーエコシステム構築プロジェクト(通称:NEXT INNOVATION)」(運営事務局:公益財団法人大阪市都市型産業振興センター)を推進しています。本プロジェクトでは、家業の経営資源を活用して新たなビジネスに挑戦する若手後継者の「ベンチャー型事業承継」を支援対象の一つとしています。
    NEXT INNOVATIONポータルサイト

登壇者等

【登壇者】

株式会社 DG TAKANO 代表取締役 高野 雅彰 氏

  • ベンチャー経験を経て、家業である東大阪の下請け町工場に戻ったのは20代。家業が長年培った技術力と自身がベンチャー時代に身に着けたビジネスモデル構築のノウハウを掛け算して自社開発の節水バルブで世界市場に挑戦中。

株式会社KMユナイテッド CEO 竹延 幸雄 氏

  • 前職は大手広告代理店勤務のサラリーマン。華やかな業界から転身した先は、妻の実家の創業67年の老舗塗装店。さまざまな社内改革を手がけるものの社内の反発、職人不足など山積みする課題の中にビジネスチャンスを見いだし新会社「KMユナイテッド」を設立。

【モデレーター】

近畿経済産業局 NEXT INNOVATION 事務局 プロジェクトリーダー
 
大阪イノベーションハブ チーフプロデューサー 山野 千枝

  • 「起業家もかっこいいけど後継ぎもかっこいい!」を伝えるために、関西圏の大学で親が商売をしている学生を対象に「ガチンコ後継者ゼミ」を開講。会社の歴史を活用した採用戦略、社史制作などを手がける株式会社千年治商店を2016年に設立。

対象

経営者、後継者(予定を含む)のほか、ベンチャー型事業承継に関心のある方

定員

100名

参加費

無料

参加申込み

申込ページよりお申込みください。

参考

詳しくはチラシをご参照ください。

2.「ベンチャー型事業承継連続講座」

日時・場所

(1)20171111日(土)13:3016:30

  • (第一部)13時30分~15時 ケーススタディ&ディスカッション
    「斜陽産業こそ商機あり!?西陣織三代目が挑むウェアラブルコンピュータ市場」
     講師:ミツフジ株式会社 代表取締役 三寺 歩 氏


    (第二部)15時30分~16時30分 講義&ディスカッション
    「ファミリービジネスの経済合理性/家業と自分/創業ストーリー」
     講師:近畿経済産業局 NEXT INNOVATION事務局 山野 千枝

(2)20171125日(土)14:0017:30

  • 講義&ワークショップ
     「有形・無形の経営資源を棚卸/強みの分析/選択と集中」
     講師:グロービス経営大学院講師/ミラクリエイション株式会社 取締役 松林 博文 氏

(3)2017129日(土)14:0017:30

  • 講義&ワークショップ&発表
     「ビジネスモデル開発/実践に向けた課題の抽出/新規事業の発表」
     講師:グロービス経営大学院講師/ミラクリエイション株式会社 取締役 松林 博文 氏

関西大学梅田キャンパス「KANDAI Me RISE」(大阪市北区鶴野町1-5

講師情報

・ミツフジ株式会社 代表取締役 三寺 歩 氏

  • 海外向けネット書店の立ち上げを経験した後、松下電器産業(株)(現・パナソニック)、シスコシステムズなどを経て、2014年に、経営危機に陥っていた家業、三ツ冨士繊維工業株式会社(現・ミツフジ)入社、代表取締役に就任。家業の経営資源を徹底的に洗い直し、西陣織で培ったノウハウと、自身が異業種のサラリーマン時代に培った経験や人脈を掛け合わせることで、ウェアラブルコンピュータ市場に参入。

・グロービス経営大学院講師/ミラクリエイション株式会社 取締役 松林 博文 氏

  • 日本メーカーでの海外営業を経てミシガン大学経営学院修士課程修了(MBA)。卒業後ジョンソン・プロフェショナルでマーケティングと中長期戦略立案に従事。個人の創造性発揮、組織のデザイン思考定着をライフワークとする。現在は国内外で経営大学院(MBA)で教鞭をとるかたわら、企業や、国・市町村へ総務省、自治大学、国際協力機構などを通じてマーケティング、ブランディング、満足度向上に関するアドバイザーを務め、アジア諸国でも教鞭を取る。ミラクリエイションでは、ファミリービジネスの新規事業、新しい働き方、次世代組織の創造をサポートする。

主催

近畿経済産業局

共催

大阪イノベーションハブ、関西大学梅田キャンパス

主な内容

 ベンチャー型事業承継を実現した先輩経営者によるケーススタディのほか、ファミリービジネスと事業創造の専門家を講師に招き、家業で新たなビジネスを起こす考え方を講義します

対象

 当局管内(2府5県)で親族が事業を営む34歳未満の学生及び社会人の内、以下の要件に該当する者。(参加者は全3回の講義を全て受講できることを前提とします。)

・参加者自身が後継者候補となっている。(現在、家業に従事していない場合を含む。)
・参加者自身が既に後継者として家業に従事している。

定員

15名
(要事前予約。応募者多数の場合、応募内容を総合的に勘案の上、選考させていただきます)

参加費

無料

参加申込み・締切

申込ページよりお申込みください。
申込締切日:2017年10月26日(木)

参考

詳しくはチラシをご参照ください。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 創業・経営支援課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6014
FAX番号:06-6966-6078
メールアドレス:kin-incubation@meti.go.jpメールリンク