トップページ > 施策のご案内 > 製造産業 > 「経営力向上セミナー ~経営の視点から伝統工芸を考える~」の開催について

「経営力向上セミナー ~経営の視点から伝統工芸を考える~」の開催について

最終更新日:平成29年10月12日

 伝統工芸の世界でも、売れる商品があり、儲かる経営をしている事業者がいます。
 その秘訣をお伝えするため、近畿経済産業局では、伝統的工芸品の製造事業者、産地組合、行政機関等の支援者の方々を対象とした経営力向上セミナーを開催いたします。
 講師には、数々の伝統的工芸品産地のものづくり支援や販路開拓支援等に携わっておられるメイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社 代表取締役の赤瀬浩成氏をお招きし、過去から現在の工芸士を取り巻く環境を分析しながら、それらを踏まえて、これからつくり手として生きていくには何が必要なのかを考えていきます。価値の創造=ブランディングの話や、具体的なポイントもいくつか挙げながら、10年先を見据えたお話をしていただきます。
 伝統的工芸品の製造事業者の方々等に、改めて経営の視点からものづくりを見直していただく一助となれば幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

日時

平成29年11月13日(月) 13:00~14:30(12時30分から受付開始)
 ※引き続き、15時から16時30分まで、伝統的工芸品産業功労者等近畿経済産業局長表彰授与式を開催いたします。
  よろしければご出席いただき、受賞者の皆様をお祝いください。

場所

ホテル京阪 京都 グランデ 2階「光林」
 京都市南区東九条西山王町31
 (新幹線・JR・地下鉄・近鉄「京都」駅 八条東口より徒歩約1分)
 地図は、ホテル京阪 京都 グランデの公式ホームページをご覧ください  

参加対象者

伝統的工芸品の製造事業者、産地組合、行政機関等の支援者の方々

参加費

無料

定員

100名
※先着順。定員になり次第締め切ります。

プログラム

「10年後の職人のありかた」
  メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社  代表取締役 赤瀬 浩成 氏

赤瀬浩成氏写真

1964年生。2005年、『日本のモノづくりの継承と発展』のため、メイド・イン・ジャパン・プロジェクト(株)を立ち上げ、直営店である東京ミッドタウン「THE COVER NIPPON」をはじめとした日本製品の流通や、日本のモノづくりを伝える人材育成「ニッポンブランド・マイスター講座」等運営、つかい手へ啓蒙、日本各地のモノづくり支援・流通支援など、地域産業活性化のプロジェクトを多数手掛ける。また、日本のモノづくりを世界に発信する拠点として2016年5月にニューヨーク、2017年5月にパリ、THE COVER NIPPONをオープン。『日本のモノづくりの新しい価値の創出』を目指し、日本全国そして世界を駆け回っている。

申し込み方法

下の参加申込書に必要事項を記載の上、以下の宛先まで、FAXまたはメールにてお申し込みください。
※参加証は交付しませんので、当日受付にて氏名等をお伝え下さい。
 (満員になり参加をお断りする場合のみ、こちらからご連絡いたします。)
参加申込書

【印刷用】セミナーご案内チラシ

近畿経済産業局 産業部 製造産業課
FAX:06-6966-6082
Eメール:kin-densan@meti.go.jp

申し込み期限

平成29年11月6日(金)

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 製造産業課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6022
FAX番号:06-6966-6082
メールアドレス:kin-densan@meti.go.jpメールリンク