トップページ > 施策のご案内 > 製造産業 > 関西航空機産業プラットフォーム

関西航空機産業プラットフォーム 

最終更新日:平成30年10月9日

 近畿経済産業局では、平成21年度から7年間「関西国際航空機市場参入等支援事業」として、セミナー、マッチング、海外ミッションの派遣等を実施し、航空機市場のステージに応じた各種支援を行ってきました。
 近年では、年率約5%で増加する旅客需要を背景に世界の民間航空機市場の需要が急増しており、海外との競争が益々激しさを増すなか、関西地域の航空機関連産業大手企業においてもサプライチェーン増強等、産業基盤の強化が喫緊の課題となっています。
 そこで平成28年度から、「関西国際航空機市場参入等支援事業」をバージョンアップさせ、新たに「関西航空機産業プラットフォーム」を立ち上げました。
 従来から取り組んできた各種情報提供やオープンマッチングに加え、企業や自治体等とともに、関西航空機産業の将来像のあり方、及び業界全体・地域全体で取り組むべき事業環境整備の方策検討等を行っています。
 大手・中小企業からの意見や他国・他地域の現状を踏まえながら具体的対応策を検討・実行し、世界の民間航空機市場の獲得に向けて、業界全体・地域全体で関西航空機産業の基盤強化及び産業活性化を図っています。

 

「関西航空機産業プラットフォーム」事業パンフレット:航空機産業の市場、関西の企業集積、事業概要をまとめております。

 

平成30年度の取り組み

航空機エンジン部品加工トライアル【募集終了】

 大手航空機エンジンメーカーの協力を得て実施する部品加工トライアル形式のマッチング事業のご案内です。
 本事業では、加工トライアル参加企業に、大手航空機エンジンメーカーから提供されるエンジン部品の図面を基に、冶具製作や部品加工、検査及び各工程に付随する書面作成を実施していただきます。これに対し、大手航空機エンジンメーカーが工程設計能力や加工実績の評価を行うことにより、航空機エンジンサプライチェーン高度化に貢献する取り組みとなることを目指しています。
【主催:名古屋商工会議所、中部経済産業局、近畿経済産業局、(一社)中部航空宇宙産業技術センター、(公財)新産業創造研究機構】

(1)公募説明会及びフォローアップ講座
  今年度の概要を説明する「公募説明会」と過去2年の知見、課題を共有する「フォローアップ講座」を開講します。是非ご参加ください。
  ◆日時:平成30年7月13日(金)13:30~17:00
  ◆場所:名古屋商工会議所 2階 ホール
  ◆内容:【公募説明会】
      ・航空機エンジン部品加工トライアルの概要説明
      ・航空機エンジン部品の加工ニーズおよび技術ポイント(三菱重工航空エンジン株式会社、川崎重工業株式会社)
      【フォローアップ講座】
      「トライアル事業で得たサプライヤーとしての課題・気づき」
        <パネリスト>
         株式会社エヌブリッジ 代表取締役社長 上田晋作氏
         公益財団法人神戸市産業振興財団 航空機産業担当部長 茨木久徳氏
         株式会社名古屋品証研 代表取締役社長 山本晴久氏
  ◆定員:200名(※先着順で定員に達し次第、締切となります。)
  ◆参加申込締切:平成30年7月6日(金)
  ◆参加申込:名古屋商工会議所HPにある専用申込フォームよりお申し込みください。

(2)募集案内
  募集要項、応募書類(1次審査申込書、サプライヤーチェックリスト)等は名古屋商工会議所HP専用申込フォームにある専用ページよりダウンロードしてください。応募書類提出締切は、平成30年8月2日(木)です。



オープンマッチング【募集終了】

 国内エンジン部品関連企業のニーズに基づくオープンマッチングを実施します。
 書面審査後、選定された企業に対し、ニーズ企業が直接訪問、面談を行い、個別にマッチングを進めていきます。奮ってご応募ください!
 
 (1)募集期間:平成30年8月29日(水)~9月28日(金)17:00必着
 (2)募集ニーズ:NTN株式会社山本精機株式会社
 (3)応募方法:募集要項「オープンマッチングへの応募に際してのお願い」を必ずご一読のうえ、「提案申込書」「設備リスト」、および「会社案内3部」を下記事務局までご提出ください。
 (4)提出先:
    関西航空機産業プラットフォーム事務局 公益財団法人新産業創造研究機構(NIRO) 長谷川
    TEL:078-306-6806  E-mail:kansai-aero-pf@niro.or.jp
            〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-1 神戸商工会議所会館4F



「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」での講習

 非破壊検査を含む複数工程・一貫生産体制構築を実現させるため、「関西航空機産業プラットフォーム」として、兵庫県、兵庫県立工業技術センターによる全面協力の下、特にニーズの高い3メソッド(浸透探傷検査、磁粉探傷検査、超音波探傷検査)の最新設備を備えた、国際認証規格(NAS410)に準拠する国内初の訓練機関「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」を開設しました。今年度は下記のとおり講習を実施します。これにより、国内で非破壊検査員の育成と資格取得を進め、国際競争力のあるサプライチェーン構築を加速します。

 (1)講習日程
  浸透探傷(PT):第一回 平成30年8月27日(月)~8月31日(金)【基礎講習】、平成30年9月3日(月)~9月5日(水)【応用講習】
           第二回 平成31年2月以降 開講予定。
  磁粉探傷(MT):第一回 平成30年8月20日(月)~8月24日(金)【基礎講習】、平成30年9月18日(火)~9月20日(木)【応用講習】
           第二回 平成31年2月以降 開講予定。
  超音波探傷(UT):第一回 平成30年10月1日(月)~10月5日(金)、10月15日(月)~10月19日(金)【基礎講習(計10日間)】、11月5日(月)~11月9日(金)【応用講習】
  ※基礎講習:JISZ2305(Level1、2)準拠。ただし、JISZ2305(Level2)の試験の受験には追加で40時間の訓練時間が必要となります。
   応用講習:NAS410(Level1、2)準拠。ただし、NAS410に基づく試験の受験には、本講習の受講後に発行される「訓練実施記録」に加え、「OJT(経験)記録」、「視力要求事項」等の証明書が必要となります。
  ※受講者は上記受講料のほかに、講習に使用する書籍(別途指定)の購入が必要です。 

 (2)定員
  各回5名
  ※受講希望者多数の場合は、選考があります。

 (3)講習費用(基礎講習+応用講習)
  浸透探傷(PT) 25万円、 磁粉探傷(MT) 45万円、 超音波探傷(UT) 60万円
  ※基礎・応用講習を通して受講いただける方を対象とします。
  ※兵庫県内に事業所を有する企業は、(公財)新産業創造研究機構が実施する「航空機分野人材育成支援事業」(受講料補助)の活用が可能(別途募集、審査あり)です。
   【補助上限】30万円/人(定額。1社あたり上限60万円)

 (4)受講者募集
  
◆募集期間
   
第一回「浸透探傷(PT)」及び「磁粉探傷(MT)」の受講者募集:平成30年6月25日(月)~7月6日(金)
   第一回「超音波探傷(UT)」の受講者募集:平成30年8月27日(月)~9月7日(金)

  ◆申込HP
   兵庫県立工業技術センター「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」HPよりお申込みください。

 (5)問い合わせ先
  ◆航空産業非破壊検査トレーニングセンター全般に関すること
   兵庫県 産業労働部 産業振興局 新産業課 情報・産学連携振興班  TEL:078-362-3054  E-mai:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp
  ◆受講者募集に関すること
   航空産業非破壊検査トレーニングセンター(兵庫県立工業技術センター内) TEL:078-731-4033
  ◆航空機分野人材育成支援事業(受講料補助)に関すること
   公益財団法人新産業創造研究機構 航空機・航空エンジン総括部 TEL:078-306-6806



国際フロンティア産業メッセ2018併催セミナー【終了】
「学生の疑問に企業が答えるクロストークセミナー~航空機産業ってどういう仕事?現場で求められる人材とは?~」

 航空機産業が今年のテーマとなっている国際フロンティア産業メッセ2018会場内で、航空機関連企業と航空機業界への就職を目指しものづくりを学ぶ学生との対談(クロストークセミナー)を開催します。
 学生の疑問に企業が答える形を取ることで、学生のみならず今後航空機産業への展開を検討されている企業等にも、航空機産業の現場イメージを分かりやすく伝え、今後求められる姿を考える機会となることを目指します。

 ◆日時:平成30年9月7日(金)14:30~16:30
 ◆場所:神戸国際展示場 2A会議室(神戸市中央区港島中町6-11-1) ※各線三ノ宮駅、神戸空港から約10分
 ◆主催:近畿経済産業局、公益財団法人新産業創造研究機構
 ◆共催:公益社団法人関西経済連合会
 ◆後援:兵庫県、神戸市
 ◆定員:150名
 ◆参加費:無料
 ◆モデレーター:神戸市立工業高等専門学校 教授 宮本猛氏、公益財団法人新産業創造研究機構 プロジェクトマネージャー 長谷川壽男氏
 ◆登壇者:エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社、株式会社ジーエス・ユアサ テクノロジー、株式会社島津製作所、株式会社日本エアテツク、神戸市立工業高等専門学校 成長産業技術者教育プログラム「航空宇宙分野」受講生

 ◆参考:案内チラシ
 ◆お申込み方法:国際フロンティア産業メッセHPの専用申し込みフォームよりお申込みください。
 ◆お問い合わせ先:公益財団法人新産業創造研究機構 長谷川 
          TEL:078-306-6806 E-mail:kansai-aero-pf@niro.or.jp
          ※Web申込できない場合は、氏名、ふりがな、会社・団体名、所属・役職、所在地、電話番号を上記事務局宛にご連絡ください。



アジア航空機サプライチェーンフォーラム【募集中】

 民間航空機市場は今後20年間で約4万機の需要が予測され、その4割がアジア太平洋地域となっています。これを背景として、欧米大手航空機企業はアジアへの拠点設立や現地サプライヤーの活用を始めているところです。 我が国企業は、欧米航空機企業の長年のパートナーとして実績を積んできており、また、全国に40を超える航空機産業クラスターが立ち上がっています。経済産業省はこのクラスターの連携や、国内外発信を支援するため、「全国航空機クラスター・ネットワーク」を設立したところです。 同時に、欧米企業からはアジアとの製造面での関係も深いことから、アジアとの連携の部分でも多いに期待されています。また、最近では、アジア各国の政府も航空機産業の振興に大いに注力しています。
 こうした背景から、経済産業省は、欧米やアジアの産官を一堂に集め「アジア航空機サプライチェーンフォーラム」を開催します。 具体的には、アジアにおける航空機サプライチェーンは、いかなる発展モデルがありえるのか、具体的な欧米企業の期待とともに、他産業の経験が活かせるか、また、我が国中小企業や航空機クラスターの技術力がどう活用されるべきか等の視点からの議論が期待されます。 航空機産業に従事している企業、新たに参入しようとする企業等にとって貴重な機会となります。
 なお、フォーラムの翌日から「国際航空宇宙展2018東京」が開催されるため、国内外からの大勢の参加を期待しています。

◆日時:平成30年11月27日(火曜日)13:00~16:00
◆場所:東京ビッグサイト 会議棟7階国際会議場 (入場無料、事前登録制)
◆主催:経済産業省、全国航空機クラスター・ネットワーク(事務局 一般社団法人日本航空宇宙工業会)、独立行政法人日本貿易振興機構
◆次第:
 13:00 挨拶(経済産業大臣:予定)
 13:15 アジアの航空機産業振興の取組み
       (マレーシア ダレル・リーキング国際貿易産業大臣(依頼中)、タイ王国 ウッタマ・サーワナーヨン工業大臣(依頼中))
 13:45 アジアの製造業への期待(Mr. Pradeep Fernandes / Managing Director,
       International Strategy & Business Development, The Boeing Company)
 14:15 日本企業の海外進出事例 日機装(株) 代表取締役社長 甲斐 敏彦 氏
 14:30 パネルディスカッション(モデレーター:元 多摩川精機(株)副会長 萩本 範文 氏)
       Mr. Greg Gernhardt / VP Boeing Programs, UTC Aerospace Systems
       Mr. Guy Bonaud / General Delegation, Japan SAFRAN
       Mr. Ganesh Raghavan / Managing Director,TATA Advanced Materials
       Mr. Ko, Ping-Ya Ph.D / Vice President, National C-S Institute of Science & Technology
 15:55 閉会挨拶(日本貿易振興機構理事)
 ※同時通訳(日英)あり
◆お申込み方法:経済産業省のHPの申し込みフォームよりお申込みください。

 

その他(セミナーほか)

平成31年3月上旬に、関西の航空機関連大手・中小企業を集め、「平成30年度関西航空機産業プラットフォーム事業運営会議(一般公開型の成果報告会・意見交換会)(仮称)」を開催予定。詳細は本ページにてご案内します。


  

メルマガ登録

関西航空機産業プラットフォーム事業の御案内のほか、航空機産業にご関心をお持ちの皆様に、関連する支援施策や最新情報等をお届けいたします。(不定期配信)
配信ご希望の方は下記登録フォームより所属、氏名、メールアドレスをご登録ください。

配信登録フォーム 

 

平成28~29年度の取り組み:「関西航空機産業プラットフォーム」

平成29年度の取り組み

 ◆事業報告資料:国内初!国際認証規格(NAS410)に準拠した「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」を開設。企業、自治体、公設試と連携した支援体制構築の成果です!その他、マッチング事業の結果もまとめています。

 ◆マッチングで提示されたニーズ(※当該ニーズに対する応募は締め切りました。)
   ・オープンマッチング:川崎重工業(株)(株)神戸製鋼所
     ※参考:Advanced Supplier Smart Check List (川崎重工業(株)様のニーズに応募される場合は提出必須。)
   ・航空機部品エンジン加工トライアル:三菱重工航空エンジン(株)、川崎重工業(株)

 

 

平成28年度の取り組み

 ◆事業報告資料:マッチング件数や実際に事業を活用された企業の声を掲載。成果や課題は・・・?

 ◆近畿地域における航空機産業関連データ集:原動機等の種別を問わず、出荷額全国5位以内を誇っているのは○○県!

 ◆「関西航空機産業プラットフォーム」平成28年度関西地域の自治体が取り組む支援策集
 航空機関連企業に研究開発・設備投資・人材育成・認証取得等で御活用いただける施策の概要をまとめました。
 なお、施策集の配布・郵送は行っておりません。御了承ください。 

 ◆「関西航空機産業プラットフォーム」ポテンシャルブックー平成28年度版ー
 航空機産業への参入を目指す企業グループの協力を得て、各企業の所有設備・認証取得状況等をまとめました。 
   ・表紙、はじめに、目次
   ・P.1~P.5    企業グループ紹介
   ・P.6~P.11  明石化成工業(株)、(株)稲坂歯車製作所、茨木工業(株)、伊福精密(株)、(株)SDC田中、(株)エムキューブ 
   ・P.12~P.17 (株)オオナガ、カルモ鋳工(株)、川崎機械工業(株)、川西航空機器工業(株)、(株)きしろ、(株)協栄
   ・P.18~P.22 (株)草川精機、(株)クリスタル光学、(株)毛戸製作所、(株)神戸工業試験場、(株)小西製作所
   ・P.23~P.28 (株)佐野鉄工所、(株)シミズテック、下里鋼業(株)、(株)ジャスティード、(株)城洋、神鋼検査サービス(株)
   ・P.29~P.37 新日本非破壊検査(株)、新日本溶業(株)、(株)大日製作所、(株)中央電機計器製作所、(株)中金、(株)寺内製作所、(株)電研社、トーカロ(株)、トーヨーマシックス(株)
   ・P.38~P.43 中嶋金属(株)、(株)ナサダ、能勢鋼材(株)、パイオニア精工(株)、(株)羽生田鉄工所、(株)阪神メタリックス
   ・P.44~P.51 (株)姫路鍍金工業所、(株)兵庫精密工業所、(有)ファインテック、福伸電機(株)、藤原金属㈱、マルイ鍍金工業(株)、南製作所、山城機工(株)
   ・P.52~P.56 (株)山本金属製作所、(株)山本電機製作所、美岡工業(株)、菱三工業(株)、(株)KOYO熱錬

   ※ポテンシャルブック(冊子)の郵送を希望されます方は、事務局の公益財団法人新産業創造研究機構(E-mail:kansai-aero-pf@niro.or.jp )に社名・部署・役職・氏名・住所を明記のうえ御連絡ください。原則として、1社1冊、郵送料は着払とさせていただきます。

 

 ◆参考:航空機部品産業における生産管理・品質保証ガイドブック(経済産業省作成)
 サプライヤーが国内大手発注企業(川下企業)と取引を行ううえで求められる生産管理・品質保証を解説したガイドブック、及び川下企業がサプライヤーを選定する際のポイントをまとめたチェックリストを作成しました。

 

平成21~27年度の取り組み:「関西国際航空機市場参入等支援事業」

 ◆関西国際航空機市場参入等支援事業「協働プログラム」(平成21年3月25日):策定時計画

 ◆平成21~24年度事業報告:報告書要約版

 ◆航空機産業参入事例集(平成22年3月25日):全国(東北~九州)の企業と地域の取り組み50事例、海外の参考事例として台湾2企業と米国の動向を調査した結果として、そのうちの約40事例を「モデル事例」または「個別事例」として紹介し、各々「参入分野」「参入のきっかけ」「取り組み」などを掲載しています。また、解説編では、参入パターンを(1)(4つの)世代別、(2)(3つの)機械別に整理するとともに、今後新規に参入するために必要と考えられる「準備」や「課題」をまとめました。

 ◆平成25年度事業報告:関係資料

 ◆国際航空機市場参入メソッド 詳細版概要版(平成26年2月):航空機市場へのさらなる参入を促進するため、中小企業の民間航空機市場への参入の障壁や必要なスキル等についてまとめました。メソッドのポイントは以下の4点です。
  Method1:航空機部品市場への参入=「未来志向の逆算型経営」
  Method2:どういったサプライヤーになるか
  Method3:明確にすべきはあるべき姿への不足分
  Method4:収益を得る仕組みとしてのビジネスプランの策定

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 製造産業課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6022
FAX番号:06-6966-6082
メールアドレス:kin-aviation@meti.go.jp