トップページ > 施策のご案内 > 製造産業 > 「2017年版ものづくり白書説明会」の開催について 

「2017年版ものづくり白書」説明会の開催について

最終更新日:平成29年6月15日

 この度、当局では、「平成28年度ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)の説明会を、以下のとおり、6月27日(火)に当局で開催いたします。

 本報告書では、我が国製造業の状況、IoTやビッグデータ、AIを始めとする第4次産業革命に対するものづくり産業の対応状況や課題、ものづくり人材の確保と育成に関する課題と対応、ものづくりの基盤を支える教育・研究開発について、状況を分析し整理しております。
 この機会に是非、ご参加下さい。

概要

日時

2017年6月27日(火) 14:00~15:00 ※13:30受付開始

場所

大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館 第1別館 3階 304共用会議室

大阪合同庁舎第1号館 第1別館へのアクセス

※地下鉄谷町線 「天満橋」駅3号出口から「谷町1」交差点を東に約100メートル

講師

経済産業省 製造産業局 ものづくり政策審議室 担当者

参加費

無料

定員

90名(定員になり次第、受付を終了します。)

プログラム

「2017年版ものづくり白書」について(ポイント)

経済産業省が執筆した第1部第1章では、「我が国製造業が直面する課題と展望」を分析しています。
1. アンケート結果やその分析等を通じ、我が国ものづくり企業の主要課題を、「付加価値の創出・最大化」及び「人材不足が顕在化する中での現場力の維持・向上」であると捉え、また、これら2つの主要課題の解決に向けては、IoT等のデジタルツールの積極活用が鍵を握ることが分析を通じて示されています。
2. また、様々な繋がりにより価値創出を実現する産業“Connected Industries”の実現に向けた取組の重要性について言及するとともに、価値創出の鍵を握るデジタルツールの利活用の具体的事例を産業タイプ別及びソリューションにより類型化して多数(約90件)提示しています。
3. さらに、上記の主要課題の解決に向けて有効と考えられる取組の方向性を思考、行動特性、手段等に分けて整理の上、記述しております。 

申し込み方法

参加申込書をダウンロードの上、近畿経済産業局製造産業課まで、FAX(06-6966-6082)にてお申し込みください。

申込書

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 製造産業課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6022
FAX番号:06-6966-6082