トップページ > 施策のご案内 > 製造産業 > 「平成25年度ものづくり白書説明会」の開催について 

「平成26年度ものづくり白書」説明会の開催について

最終更新日:平成27年6月18日

 この度、当局では、6月9日(火)に閣議決定されました「平成26年ものづくり白書」(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)の説明会を、7月10日(金)に、下記の要領で開催いたします。
 是非、ご参加くださいますようお願いいたします。

概要

日時

2015年7月10日(金) 14:00~15:30 ※13:30受付開始

場所

大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館 第1別館大会議室

大阪合同庁舎第1号館 第1別館へのアクセス(PDFファイル:約181KB)PDFリンク 新しいウィンドウが開きます

※地下鉄谷町線 「天満橋」駅3号出口から「谷町1」交差点を東に約100メートル

講師

経済産業省 製造産業局 参事官室 ものづくり白書担当者

参加費

無料

定員

100名

プログラム

「平成26年度ものづくり白書」について
(ポイント)
経済産業省が執筆した第1部第1章では、「我が国製造業が直面する課題と展望」を分析しています。
1. アベノミクスを背景とした企業業績の改善が進み、国内の設備投資も増加しつつあるものの、さらなる投資の活発化が重要です。
2. GDP の2割を占め、新たなイノベーションや技術を生み出し、他産業への高い波及効果を持つ製造業は引き続き重要です。国内拠点の役割を見極め、国内・海外でそれぞれ稼ぐ分野を明確化しつつ、国内の製造業の基盤として様々な担い手を育成していくことが課題です。また、製造業の稼ぎ方が変化する中、海外収益の国内への利益還元も重要な課題です。
3. IoT(Internet of Things)の進展により、ものづくり産業も大きな変革を遂げている中、製造業の新たなビジネスモデルへの対応は重要な課題となっています。インダストリー4.0 等の各国の動きも見据え、我が国ものづくり産業の今後の方向性を検討します。

申し込み方法

参加申込み書をダウンロードの上、近畿経済産業局製造産業課まで、FAX(06-6966-6082)にてお申し込みください。

参加申込書(PDFファイル:約76KB)PDFリンク 新しいウィンドウが開きます

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 製造産業課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6022
FAX番号:06-6966-6082