トップページ > 施策のご案内 > 環境・リサイクル > VOC

揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策

最終更新日:平成28年3月24日

 VOCとは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称で、塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナーなどいわゆる「有機溶剤」に含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質です。大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の1つとされているため排出抑制が必要です。

 大気汚染防止法が平成16年5月改正、平成18年4月1日から施行され、VOC排出規制を開始しました。本規制はわが国の環境法体系で初めて「法規制」と「自主的取組」の双方を適切に組み合わせて、効果的にVOCの排出を削減するものです。

 近畿経済産業局では年に数回セミナーを開催し効果的な取り組みについて情報提供をしています。是非ご参加ください。

揮発性有機化合物(VOC)排出抑制に向けた取り組みについて

事業者等による揮発性有機化合物(VOC)排出抑制のための自主的取組促進のための指針

対策の普及

審議会

その他対策の参考になる資料

VOC近畿ネット

 近畿地域では構成機関による効果的なVOC排出抑制への取組を推進し、国、地方公共団体、関係業界団体等が情報と問題意識を共有しつつ意見交換を行うことで、地域レベルで相互に連携したVOC排出抑制に向けた活動の促進を目的とし平成19年4月に「VOC排出抑制に向けた近畿地域ネットワーク(VOC近畿ネット)」を設立しました。

  • VOC近畿ネット外部リンク 新しいウィンドウで開きます(事務局:一般財団法人関西環境管理技術センターのページ)

調査報告書

本省ホームページ掲載一覧

近畿局作成分

情報サイト 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6018
FAX番号:06-6966-6081
メールアドレス:kin-kankyo@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します