トップページ > 施策のご案内 > 環境・リサイクル > 平成26年度「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」報告書

平成26年度「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」報告書

最終更新日:平成27年3月31日

「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」について

 環境問題の中でも、大気汚染や水質汚染は全世界的な課題であり、この問題に貢献することは重要なことと言えます。
 近畿地域において、阪神工業地帯の存在により、かつては大気汚染や水質汚染、騒音・振動被害なども発生していましたが、現在は公害防止に向けた様々な努力が継続されています。当地域の特性としては、地域住民の生活や産業を支えてきたびわ湖・淀川水系を保全するという歴史的経緯もあり、水処理に関連する需要があったため、各種技術が開発されその進展に伴い企業や研究機関の集積があります。中でも膜に関する技術の集積は顕著で我が国の中心地となっています。
 そこで、本調査では近畿地域に集積する川上である研究開発機関から膜製造企業、膜を使用した装置製造企業そして川下である顧客までの公害防止技術の提供者側とその利用者側の課題を明らかにしました。この調査により膜技術を活用した公害防止対策について、最新の研究開発動向を踏まえて改善の可能性や従来には存在しない新たな活用可能性の探索を可能とし、それを実現可能足らしめる上での研究開発課題を明確にしました。

「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」報告書

目次

  1. はじめに(調査の背景及び目的)
  2. 調査内容
  3. 調査の結果
  4. まとめ(今後の方向性)

 

平成26年度「膜技術を活用した公害防止対策に関する調査」 報告書(PDFファイル:698KB)PDFリンク

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6018
FAX番号:06-6966-6081
メールアドレス:kin-kankyo@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します