トップページ > 施策のご案内 > 資源・燃料 > 平成29年度第3回「地熱発電に対する理解促進事業費補助金」に係る補助事業者の公募について

平成29年度第3回「地熱発電に対する理解促進事業費補助金」に係る補助事業者の公募について

最終更新日:平成29年7月10日

平成29年度第3回「地熱発電に対する理解促進事業費補助金」に係る補助事業者を公募いたします。

1.事業の目的

この補助金は、地熱発電の導入を目的として地熱資源開発をしている又は今後地熱資源開発を予定している地点において実施する、地熱資源開発への理解促進に資する事業に要する経費を補助することにより、地熱資源開発地点における周辺住民等の地熱資源開発に対する理解を促進し、もって地熱資源開発の推進に資することを目的とします。

2.事業内容

地熱資源開発地点において、周辺住民等の地熱資源開発に対する理解を促進するために実施する以下の(1)~(3)の補助事業に要する経費について補助します。

(1)勉強会等事業

  1. 対象事業
    ○ 地熱資源開発に関する講習会・勉強会等
    ○ 地熱発電関連施設の視察(原則、国内に限る)
    ○ 地熱資源開発地点における関係者の協議会の運営等
    ○ 地熱発電所から供給される地熱を利活用した事業の調査・検討((2)地熱利活用事業の設計を除く)
  2. 対象地点  出力100kW以上を念頭に地熱資源開発を進めている地点
  3. 対象者  
    ・ 地熱資源開発事業者
    ・ 地熱資源開発地点が所在する地方自治体

(2)地熱利活用事業

  1. 対象事業
     地熱発電所から供給される地熱を利活用した事業を行うための設計、施設・設備の整備、これに附随する広報等
  2. 対象地点
     出力100kW以上を念頭に地熱資源開発を進めている地点であって、探査段階以降にある地点
  3. 対象者
    ・ 地熱資源開発事業者
    ・ 地熱資源開発地点が所在する地方自治体(地熱資源開発事業者と共同で申請を行う者に限る)

(3)温泉影響調査等事業

  1. 対象事業
     地熱資源開発が進められた後、地熱資源開発地点の周辺温泉において、万が一何らかの理由により温泉の湧出量等が過度に減少した場合おける温泉資源の調査や掘削事業
  2. 対象地点
     出力5,000kW以上を念頭に地熱資源開発を進めている又は既設発電所の出力を5,000kW以上に増強等するための追加掘削を行っている地点
  3. 対象者
    ・ 地熱資源開発事業者
    ・ 地熱資源開発地点の周辺温泉事業者

※詳しくは、公募要領をご覧ください。

3.補助率等

(1)勉強会等事業
補助率:10/10(上限5000万円)

(2)地熱利活用事業
出力規模 100kW以上5000kW未満 補助率:1/2(上限5000万円)
出力規模 5000kW以上 補助率:2/3(上限2億円)

(3)温泉影響調査等事業
補助率:10/10(上限1億円)

4.公募期間

平成29年7月7日(金)~平成29年8月7日(月)12時必着

5.公募要領・必要書類等

詳細は、以下のページに掲載されておりますので、ご確認ください。
平成29年度第3回「地熱発電に対する理解促進事業費補助金」に係る補助事業者の公募について
(資源エネルギー庁webサイト)

6.応募書類の提出先

応募書類は、持参、郵送又は宅配便により、対象地域を担当する経済産業局に提出してください。

7.これまでの公募結果について

これまでの公募結果については、以下のページに掲載されています。

平成29年度「地熱発電に対する理解促進事業費補助金(二次公募)」の公募結果について(資源エネルギー庁webサイト)

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 資源・燃料課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6044
FAX番号:06-6966-6090