トップページ > 施策のご案内 > エネルギー > 地球に優しい水素の翼『HyDrone』プロジェクトを始動しました ~2025年国際博覧会の空へ~

地球に優しい水素の翼『HyDrone』プロジェクトを始動しました ~2025年国際博覧会の空へ~

最終更新日:平成31年1月25日

近畿経済産業局では、来る水素社会の実現に向けた取組として、水素エンジンを動力源とするパッセンジャードローン(乗用)『HyDrone(ハイドローン)』の開発を企画・支援し、2025年国際博覧会でのデモフライトを目指します。

概要

近畿経済産業局「関西スマートエネルギーイニシアティブ」水素分科会では、平成29年度より、来る水素社会の実現に向けた取組として、水素エネルギーの新たな活用方策等に係る検討を重ねてきました。この検討結果を踏まえ、この度、水素エネルギーを活用したドローン開発プロジェクトを開始することといたしました。

 

『HyDrone』プロジェクトとは?

 関西地域の中小企業等のチカラを集結して、地球にやさしい水素の翼『HyDrone』 を開発し、2025年国際博覧会でのデモフライトを目指します。

ハイドローンイメージイラスト1 ハイドローンイメージイラスト2

 

『HyDrone』は、「水素(Hydrogen)・ハイブリッド(Hybrid)×ドローン(Drone)」からの命名で、水素ロータリーエンジン及びハイブリッドシステムを動力源とするパッセンジャードローンです。

水素(Hydrogen)・ハイブリッド(Hybrid)×ドローン(Drone)

 

『HyDrone』の開発にあたっては、今後、新たな開発組織を設立予定であり、それに先立ち、平成31年1月21日に、同組織の設立に向けた準備委員会(委員長:株式会社エアロジーラボ 代表取締役谷 紳一 氏)を発足しました。  

 

『HyDrone』プロジェクト参画者の募集

本プロジェクトの趣旨に御賛同をいただける、熱意のある元気な中小企業等の御参画をお待ちしています。

ハイドローンプロジェクト参画者募集

 

資料

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 エネルギー対策課内 参事官(エネルギー・環境ビジネス担当)
TEL:06-6966-6043
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44