トップページ > 施策のご案内 > エネルギー > 関西スマートエネルギーイニシアティブ > スマエネ実装化支援研究会 in KANSAI

関西スマートエネルギーイニシアティブ スマエネ実装化支援研究会 in KANSAIを開催します!
~ スマートエネルギーの実装の加速化に向けて ~

最終更新日:平成27年10月8日

 概要  

 近畿経済産業局おいては、「スマエネ実装化支援研究会 in KANSAI」を開催します。本研究会では、蓄電池をはじめとするスマートエネルギー(HEMS※1、BEMS2、FEMS3等)の導入促進に向け、出口戦略を見据えたプロジェクトの創出を目指します。
 本研究会は、「関西スマートエネルギーイニシアティブ」※4の活動の一環として開催するものです。

 ※1 HEMS・・・ホームエネルギーマネジメントシステム
 ※2 BEMS・・・ビルエネルギーマネジメントシステム
 ※3 FEMS・・・ファクトリーエネルギーマネジメントシステム
 ※4 「関西スマートエネルギーイニシアティブ」は、関西におけるスマートエネルギーの実装の促進と、
   エネルギー・環境関連産業の振興及びイノベーション創出を目的に実施しています。

 

開催趣旨

 東日本大震災以降、関西は厳しい電力需給状況下にあることから、供給サイドと需要サイドが連携し、エネルギーの利活用を最適化するスマートエネルギーシステムを実装させる必要性が高まっています。
 また、関西にはスマートエネルギーに関係する企業・大学・研究機関等が集積しており、これらの連携により関西発の環境・エネルギー分野におけるイノベーションと新たなビジネスの創出が期待されます。
 このような状況を踏まえ、近畿経済産業局では、本年2月より関西におけるスマートエネルギーの実装の促進と、環境・エネルギー関連産業の振興及びイノベーション創出を目的とした、「関西スマートエネルギーイニシアティブ」を展開しています。本研究会は、この活動の一環として開催いたします。
 本研究会では、蓄電池をはじめとするスマートエネルギー(HEMS、BEMS、FEMS等)の導入促進につながるプロジェクトの創出を目指します。

   ○キーワード:蓄電池、EMS
   ○対象:スマエネの実装化に意欲のある企業・自治体など

事業概要

【第1回研究会】
 日時:平成27年10月27日(水)10時~12時
 場所:國民會館 大ホール大阪市中央区大手前2-1-2)
 主催:近畿経済産業局
 定員:200名(原則先着順。参加者多数の場合は調整いたします。)
 申込方法:事務局(大阪科学技術センター)までメールまたは、FAXにてお申し込みください。
      ビジネスマッチング会のチラシ及び参加申込書等の詳細は、
大阪科学技術センターホームページ外部リンク 新しいウィンドウで開きますを参照ください。
 費用:参加無料です。
 プログラム:
  (1)スマートエネルギーの実装化に関する取組紹介(各15分)
   パナホーム(株)[蓄電池×HEMS]
   富士電機(株)[蓄電池×BEMS]
   日立造船(株)[蓄電池×FEMS]
   (株)竹中工務店[電気自動車を用いたDR・BCP対応システム(V2X)]
   関西電力(株)[蓄電池を用いた仮想発電所(VPP)]
   (株)ニプロン[PVマキシマイザーと蓄電池の連携]
  (2)蓄電池に関する最新情報の紹介(各10分)
   (国研)産業技術総合研究所 関西センター
     (独)製品評価技術基盤機構 国際評価技術本部 蓄電池評価センター
  (3)意見交換・アンケート
   日本環境技研(株)代表取締役社長 福島朝彦 氏

[個別ヒアリング]
 上記アンケートの結果をもとに、日本環境技研(株)から、次年度以降のプロジェクト構築に向けたシーズ・ニーズ等をお聞きします。

【第2回研究会】
 日時:平成27年11月27日(金)14時~17時
 場所:國民會館 小ホール(大阪市中央区大手前2−1−2)
 主催:近畿経済産業局
 プログラム:
  (1)プロジェクト提案         企業、自治体等
  (2)実装化に向けた課題と展開方策等  日本環境技研(株)

[スマエネ実装化支援プロジェクトの創出](〜平成28年2月末目処)
 日本環境技研(株)が中心となって、スマートエネルギーの実装加速化に繋がるプロジェクトを構築し、必要に応じて国・自治体等の各種支援制度への提案等を行います。

開催案内

リーフレット(PDF:929KB)PDFリンク 新しいウィンドウが開きます

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局
資源エネルギー環境部 資源エネルギー環境課(担当:濱崎、岡元)
TEL:06-6966-6041