トップページ > 報告書 > 関西地域の中堅製造企業実態調査

平成25年度 関西地域における中堅製造企業の実態調査 

最終更新日:平成26年6月2日

 「通商白書2013」やハーマン・サイモン「グローバルビジネスの隠れたチャンピオン企業」、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット「日本の中堅企業 その競争力と成長の条件」などの各種文献・報告書によると、年間売上高数十億円から1,000億円規模の中堅製造企業(以下、「中堅企業」といいます)は、全企業数に占める割合が数パーセントであるにも関わらず、売上高や雇用などの指標において良好なパフォーマンスを示しており、特に経済が低迷したリーマンショック後も優れた生産性を誇っていることが明らかにされています。
 このような中堅企業は、これからの地域経済を牽引する存在として期待されており、首都圏に次ぐ市場規模を誇る関西地域に多数存在していると考えられます。         
 そこで近畿経済産業局では、中堅企業の現状や地域経済に与える影響等を把握するため、関西地域に本社を有する年間売上高30億円以上の製造企業を対象にアンケート調査等を実施し、報告書をまとめました。

 

 なお、本調査では年間売上高100億円以上1,000億円未満の企業を「中堅企業」と定義しています。

[アンケート調査対象] 関西地域(福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県及び和歌山県)に本社を有する売上高30億円以上の製造業2,026社

[有効回答企業数]   381社(回収率18.8%)

報告書

関西地域における中堅製造企業の実態調査 報告書(PDF形式:892KB)PDFリンク

関西地域における中堅製造企業の実態調査 アンケート調査結果(PDF形式:4,078KB)PDFリンク

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 企画課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6003
FAX番号:06-6966-6072