トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 平成27年 3月号 特集

関西における環境ビジネスを応援しています!!
~他地域企業との連携を促進するアライアンスマッチングセミナー~
担当課室:環境・リサイクル課

最終更新日:平成27年3月2日

 環境・リサイクル課では、関西における環境ビジネスの推進に取り組んでいます。今年度は、「新事業創出基盤形成事業」として、新事業創出及びそのためのネットワーク形成を目的に、セミナーやシーズ発表会、ビジネスマッチング等様々な取組を行いました。

 今回は、「新事業創出基盤形成事業」の概要と、その事業の一つである、企業同士の地域間連携を目指した「アライアンスマッチングセミナー」の概要及びセミナー出展企業のうち3社の取組をご紹介します。

「新事業創出基盤形成事業」の概要

 当課で今年度行った事業の全体像は図1のとおりです。実施主体の特定非営利活動法人 資源リサイクルシステムセンターとともに、環境ビジネスの“卵”の創出から、事業展開の加速化支援まで、あらゆるステージの企業を対象に幅広く支援しました。

 セミナーや技術シーズ発表会では、すでに環境ビジネスを行っている企業のみならず、これから進出しようとしている企業に対しても有益な情報発信を行いました。また、新ビジネスに取り組もうとする様々な業種の企業と支援機関等との研究会(事業課題研究会)や、技術課題を持った大手企業とその課題を解決できるような中小企業とのマッチング(技術補完マッチング)も実施しました。さらに、企業の他地域や海外への展開を支援する事業も実施しました。

新事業創出基盤形成事業の全体図
図:以下に説明あり

 以下、事業の一つである「アライアンスマッチングセミナー」について詳述します。

「アライアンスマッチングセミナー」の概要

 「アライアンスマッチングセミナー」は、環境ビジネスに取り組む中堅・中小企業が、他地域で事業展開するための経営リソース(顧客探索、顧客対応、保守サービス、材料調達等)を現地企業との連携により効率的に確保し、成長を加速することを目的にした事業です。全国各地(東北、中部、近畿、九州、沖縄)の経済産業局と産業支援機関が協力して実施しているのが特徴で、さらに近畿のセミナーでは、近畿地域の多くの産業支援機関も、出展企業のアライアンス先紹介に協力しています。本セミナーを、今年度は、東北、近畿、九州、沖縄の4ヶ所で開催しました。

 具体的な流れを紹介します。まず、近畿の企業A社が、新製品の開発パートナー企業を九州地域で効果的に探索したいと考え、九州のセミナーに出展申込みをしたとします。そうすると、九州の産業支援機関がA社に見合った企業B、C、D社を探索し、セミナーへの参加要請をします。そしてセミナー当日、A社は、連携事業についてプレゼンテーションを行い、B、C、D社のほか、当日来場された企業もしくは関係者の方々と個別に面談します。近畿と九州の産業支援機関は、セミナーが終わってからも、様々なフォローを行います。

 平成26年度の近畿のセミナーは、平成27年2月13日(火)に、大阪市内の阪急ターミナルビルで開催しました。近畿管内から5社、近畿管外から7社(内訳は中部3社、九州3社、中国1社)の計12社が、開発パートナーや連携先を求めて出展しました。当日は出展企業がプレゼンテーションを行い、別室の商談スペース兼展示スペースにて出展企業とセミナー参加者が交流を行いました。

写真:以下に説明あり
セミナー当日の様子(プレゼン)
写真:以下に説明あり
セミナー当日の様子(商談、展示)

アライアンスセミナー出展企業の紹介

 今回、当セミナーに出展いただいた企業の中から、近畿管内の企業2社、近畿管外の企業1社について、企業概要、アライアンスを希望する商品・技術の強み、セミナーに参加した理由とアライアンス提案内容等をご紹介します。セミナーに参加できなかった皆様におかれましても、ご関心をお持ちいただける案件がありましたら、ぜひ各社あてご連絡ください。

1.株式会社SRM技術開発(兵庫県伊丹市)

写真:以下に解説
ウェッジワイヤーの機構
写真:以下に解説
親水コーティングを施した
傾斜型スクリーン

企業概要

 1976年創業、スクリーンの設計・製造・販売を主に排水処理装置・設備の設計・製作・施工や保守・メンテナンスサービスの3本柱で事業の展開を行っています。

当社技術の強み

 当社技術の「親水コーティング」を傾斜型スクリーンのウェッジワイヤー部に施すことで水の表面張力を大幅に減少させ固形物の付着を防止します。また、先端部を30ミクロン(0.03mm)に加工した特殊ブラシにより表面の固形物を剥離します。使用する電力は0.1Kwのモーターのみで非常に省エネルギーです。また、親水コーティングはガラス系(SiO₂)の無機塗料を100%使用しているので、地球環境にもやさしいです。

 親水コーティングを施した傾斜型スクリーンを用いることで、排水処理装置・設備を縮小・小型化にすることにより設備投資の削減、ランニングコストの低減化を実現できます。

セミナーに参加した理由

 親水コーティングを施した傾斜型スクリーンは生活排水や食品加工場、皮革工場、クリーニング、ごみ焼却場など様々な業界、施設での用途が有ります。そこで当製品の傾斜型スクリーンや排水処理装置・設備を活用した省エネ化を実現するために参加しました。これをきっかけに幅広く全国に展開をして行きたいと考えています。

アライアンスについての問い合わせ先

企業名
株式会社 SRM技術開発外部リンク 新しいウィンドウで開きます
部署
営業 中村和久
電話番号
072-782-7521

2.株式会社レボインターナショナル(京都府京都市)

写真:以下に解説
京都本社工場、国内最大の日量30,000リットルの製造能力を誇る

企業概要

 1997年のCOP3開催を機に開始された京都市バイオディーゼル燃料化事業をはじめとし地方自治体、市民団体、企業との協働による、使用済み食用油のバイオディーゼル燃料化事業を行う企業です。全国約17,000店の飲食店等から使用済み食用油を引取り自社工場(日量30kl)にてバイオディーゼル燃料「C-FUEL」を製造。C-FUEL供給は国内だけでなくヨーロッパへも輸出を行っています。

当社技術の強み

 使用済み食用油由来のバイオディーゼル燃料化事業において、燃料化技術開発、原料確保、燃料製造及び供給まで自社にて一貫して行っています。燃料生産量は国内最大で、2011年からはEUへの輸出を開始しました。EUの厳格なバイオ燃料認定制度の「ISCC」(International Sustainability and Carbon Certification/バイオ燃料の持続可能性を証明する認証制度 )及びオランダの制度「DDC」(Dutch Double Count/使用済み食用油を原料にしていることにより二重に優れた※ダブルカウント)の認証を受け、燃料品質について海外から高い評価を受けています。

セミナーに参加した理由

 飲食事業者様等の使用済み食用油排出事業者の皆様には資源の有効利用をご提案し、軽油をお使いの事業者様へはC-FUELの軽油代替利用によるCO2排出削減をご提案することを通じてコスト削減とCSR活動に寄与し、多くの事業者様へ取組みを広げていければと考えています。

アライアンスについての問い合わせ先

企業名
株式会社 レボインターナショナル外部リンク 新しいウィンドウで開きます
部署
特命業務部 上森英孝
電話番号
075-604-0518

3.株式会社正興電機製作所(福岡県福岡市)

写真:以下に解説
水力発電機システム

企業概要

 1921年に創業、電力の安定供給をサポートする監視制御システムや配電機器など電力会社・官公庁向けを主とした系統電力の受変電・制御装置がコア事業です。更なる事業拡大を推し進め、情報と制御分野の独自技術を活かして水処理監視制御などの環境エネルギー部門や情報サービス部門でも新製品・新事業の創出に取り組んでいます。環境にやさしく安全で快適な社会のインフラ(基盤)構築に貢献している企業です。

当社技術の強み

 長年培ってきた電力事業における制御技術を生かし、家庭用蓄電池事業や水力、消化ガス発電事業などの「再生可能エネルギー事業」を行っています。蓄電池事業に関しては、日本ではまだ参入企業がほとんどいなかった2004年から始めています。

 小水力発電事業は、採算のとりにくい小規模(1~20kW程度)の発電システムも提供しており、100kwクラスの発電設備ではすでに大分県や山口県のダム放水で受注実績があります。

セミナーに参加した理由

 「再生可能エネルギー事業」のような環境事業について、関西を含む他地域でも展開したいと考えており、「プラント電気設備に自信のある会社」や「プラント設備における水配管やガス配管の経験の豊かな会社」「メンテナンスや障害に迅速に対応できる会社」とパートナーシップを組むためアライアンスマッチングを希望しています。

 また環境事業における新しい分野にもどんどん進出していきたいと考えているので、水力発電や再生可能エネルギーなどに関する新しい商材やアイデアを持った方と共同開発の段階からパートナーシップを組みたいと思っています。

アライアンスについての問い合わせ先

企業名
株式会社 正興電機製作所外部リンク 新しいウィンドウで開きます
部署
環境エネルギー営業部 公共営業グループ
電話番号
092-473-9062(ダイヤルイン)

おわりに

 今年度はアライアンスマッチングをはじめ、様々な取組を行ってきました。来年度もこのような取組を継続して行う予定ですので、ぜひご参加ください。

 これからの環境ビジネス推進への取組にご注目ください!!

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
電話:06-6966-6018

他の記事を読む