トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 平成27年 12月号 企業・地域の取組紹介

パワー半導体と電源機器で未来を創造する三社電機製作所
担当課室:資源エネルギー環境課

最終更新日:平成27年12月1日

 関西は、東日本大震災以降厳しい電力需給状況下にあり、供給サイドと需要サイドが連携しエネルギーの利活用を最適化する必要性が高まっています。

 また、関西は、スマートエネルギー関連企業や大学・研究機関等が集積し、エネルギーマネジメントシステムをはじめとした先進的な取組も見られます。

 こうした中、近畿経済産業局は、本年2月に「関西スマートエネルギーイニシアティブ」を立ち上げ、大学、企業、研究・支援機関等とともに、(1)エネルギーマネジメントシステムを住宅、ビル、工場、店舗等において幅広く実装する。(2)エネルギー・環境関連産業の振興を図り、中小企業のビジネスチャンスを拡大する。(3)関西発の環境・エネルギー技術のイノベーションを創出し、我が国をリードし海外への展開の発信源となるスマートエネルギー推進拠点を形成することを目指し、様々な活動に取り組んでいるところです。

 今回、「関西スマートエネルギーイニシアティブ」にご協力いただいている株式会社三社電機製作所の滋賀工場を訪問しました。パワー半導体と電源機器で未来を創造する同社の活動の一部をご紹介します。

顧客の悩みを共有し解決する製品。ソリューションを提供する三社電機製作所

 三社電機製作所は、パワー半導体を中心に光源機器用電源等の各種電源機器、太陽光や風力発電等のクリーンエネルギー用パワーコンディショナーや蓄電池、無停電電源装置、アーク溶接機等の製造装置等を製造・販売しています。

 1933年に創業し、映画の映写用電源を中心に製品開発を続け、国内で初めてセレン整流素子やサイリスタ(シリコン制御整流素子)を開発しました。培った技術・ノウハウは、現在の主要部品であるパワー半導体に活かされ、顧客の悩みを解決する様々な製品を届けています。

 例えば、関西で盛んなメッキ産業では直流電源が欠かせませんが、同社は、お客様のメッキの品質に応じたきめ細やかな直流電源装置等を開発しています。

 80年を超える長きに亘り、半導体と電源機器のメーカーとして我が国のパイオニア的役割を果たしてこられました。

 顧客と悩みを共有し、より良いものを作ることを心がけ、多様な商品群とソリューションが提供できる企業として、「困った時には三社電機に相談してみよう」という、信頼感の厚いリーディング企業に成長されています。

事業拡大により滋賀県・岡山県に工場進出

写真:以下に解説
ご案内いただいた北野工場長
写真:以下に解説
滋賀工場外観

 同社は、大阪で創業し生産してきましたが、事業拡大に伴い、1982年に滋賀工場、1985年に岡山工場を建設し、大型製品は滋賀工場に、半導体は岡山工場に事業移転しました。

 今回訪問した滋賀工場は、生産拡大に伴い第一期・第二期と工場の拡充をはかり、昨年新棟が竣工されています。

 整理整頓の行き届いたクリーンな工場で、顧客ニーズを踏まえてそれぞれ仕様が異なる大型のパワーコンディショナーや蓄電池等が、様々な検査を受けながら大型の自動機と細やかな手作業により一品一品丁寧に生産するなど真摯な姿勢でものづくりに取り組んでいます。

 同社の強みは、「技術の三社電機」として電源を使ってくれる先にトコトン入っていくことで、「内製化率が約8割と高くスピード感をもって生産できる」、「コアとなるパワー半導体等の部品も自社で生産できるので高い信頼性がある」、「顧客ニーズに応じた100%カスタムメイドの製品ができる」、「電源のことなら任せてもらえるので顧客が新たな顧客を紹介してくれる」等があげられます。

「技術の三社電機」の主要製品

 三社電機製作所の取引は、BtoBが中心で、家庭ではその多様な製品群をなかなか見ることができません。その一部を紹介します。

パワー半導体

写真:以下に解説
写真:以下に解説
写真:以下に解説

 パワー半導体は、スイッチング電源やインバータ装置、電力調整器だけでなく、家庭のほとんどの電化製品の中にも不可欠なパーツとして活用されています。

太陽光発電用パワーコンディショナー

写真:以下に解説

 太陽光発電により得た直流電流を交流電力として使用するためには、パワーコンディショナーが必要です。長寿命で信頼性が高い製品開発が常に行われています。

大容量電源・無停電電源装置

写真:以下に解説

 大型加工機器では安定した電力を効率よく供給する必要があり、また、半導体等継続稼動が必要な工場には停電等のトラブルを防ぐ信頼性の高い電源が要求されます。電源装置は、表には見えない部分で生活基盤の土台を支えています。

関西スマートエネルギーイニシアティブへの期待

 関西スマートエネルギーイニシアティブでは、今年度スマートエネルギー推進セミナーにおいて、同社のパワコン技術を紹介するなど、積極的にご参加いただきました。

 関西スマートエネルギーイニシアティブのように、「国が場作りやきっかけ作りを進めてもらえること、国が政策の間口を広げてもらうことは、企業の意欲を高める。」との励ましのお声もいただきました。

今後の展望

 同社は、エネルギーソリューションカンパニーとして、パワーコンディショナーや蓄電池等だけでなく、今後は、燃料電池や燃料電池と組み合わせた製品作り等を他社等とアライアンスを組んで進める予定とのことです。スマートエネルギー分野は、同社の技術を活かせる分野であり、関西でこれからもどんどん伸ばしていきたいという力強い展望を語っていただきました。

 今後も同社の益々の活躍を期待しています。

掲載関連情報

企業名
株式会社三社電機製作所外部リンク 新しいウィンドウで開きます
所在地
(本社)大阪市東淀川区西淡路三丁目1-56
(滋賀工場)滋賀県守山市勝部町452-1
電話番号
(本社)06-6321-0321(代表)
(滋賀工場)077-583-8632(代表)

関連施策へのリンク

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 資源エネルギー環境課
電話:06-6966-6041

他の記事を読む