トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 8・9月号 企業・地域の取組紹介

プラスチック業界におけるIoTの普及に向けた取組について
西日本プラスチック製品工業協会の挑戦
担当課室:製造産業課

最終更新日:平成30年9月3日

現在、ものづくり産業において、技能人材をはじめ人手不足が顕著化しており、ロボットやIoT、AI等の先進ツールの利活用や生産性向上に向けた取組などが必要不可欠となっています。

(一社)西日本プラスチック製品工業協会は、プラスチック業界のIoT導入拡大を図るため、成形機のデータフォーマットの共通化および「データ統合システム(ミドルウェア)」を開発しました。

開発したミドルウェアの普及活動を始めて1年が経過しましたので、現在の状況と今後の展望等について話を聞きました。

(一社)西日本プラスチック製品工業協会について

(一社)西日本プラスチック製品工業協会(以下、「西プラ協会」。)は、1957年に西日本地域におけるプラスチック製品製造業に関する経営の近代化および技術の改善向上を目指して、設立されました。

現在、正会員325社、賛助会員116社、団体会員構成員429社で構成されています。

プラスチック成形加工に特化した人材育成、課題解決のために勉強会・セミナーの実施や、会員同士の情報交換の場を提供することにより相互連携を促進し、プラスチック製品製造業の発展に取り組んでいます。

業界を挙げてIoT導入に取り組んだ背景

プラスチック加工メーカーは、品質保証の観点で、顧客から成形記録を求められることが多く、常にそのデータを記録しておく必要があります。しかし、従来は人手により紙に記録していたので、手間とコストがかかっていました。また、メーカー毎にデータフォーマット等が異なり一元的な管理が難しいことが課題でした。

そこで、西プラ協会は、平成28年度に、ムラテック情報システム(株)、射出成形機メーカー5社等と連携し、各社射出成形機からのデータフォーマットの共通化および共通データを自動で収集するための「データ統合システム(ミドルウェア)」を開発しました。

データ統合システム(ミドルウェア)

ミドルウェアとは、欧米のプラスチック業界が推奨している成形条件情報に関するグローバル基準(EUROMAP63)を採用し、データフォーマットを統一することで、メーカーの垣根を越えてデータを収集することを可能にしたものです。当該データをデータベースに蓄積し、他のシステムと連動することによって、品質・生産管理やトラブルの予知保全等様々な活用が可能となります。

データ統合システム(ミドルウェア)

ミドルウェアの普及に向けた取組

関連業界懇談会の様子

関連業界懇談会の様子

開発後、西プラ協会では、西日本地域に限らず全国のプラスチック加工メーカーに広く利用されるよう、全日本プラスチック製品工業連合会との連携の下、ミドルウェア完成報告会、関連業界懇談会の開催、展示会への出展等を実施しています。

ミドルウェアは、連合会構成団体の会員企業で、利用環境が整っていれば、初期サポート費用(5万円、税抜)のみで利用できます。

2017年7月のミドルウェア配布開始から現在まで、導入している企業は12社で、導入地域は西日本だけでなく、中部、東日本と全国に広がっています。

西プラ協会自身も、2017年12月に西プラ協会訓練センターに保有する射出成形機3台にミドルウェアを導入し、ミドルウェアの導入を検討されている企業向けの見学会を月1回開催しています。見学会のニーズは高く、導入前の検討段階の相談だけでなく、導入後のシステムの活用方法について学ぶ良い機会となっています。

今後の展望

西プラ協会は、ミドルウェアのさらなる普及に向けて、AIを用いた解析や画像検査のデータをミドルウェアで収集したデータと連携させ、生産性の向上や人材不足の解消に繋がらないか等、ミドルウェアで取得した成形条件データの多種多様な活用方法について検討しています。

今後も、ミドルウェア導入効果の見える化や展示会等の活用により、積極的に情報発信し、プラスチック業界のIoT化に取り組む予定です。

その先には、製造工程において同様の課題を抱える他の業界への波及も期待されます。

掲載関連情報

一般社団法人西日本プラスチック製品工業協会

所在地
大阪市西区新町1丁目3番12号 四ツ橋セントラルビル
電話番号
06-6538-6100

全日本プラスチック製品工業連合会

所在地
東京都中央区築地3丁目12番5号 築地小山ビル1階
構成団体
(一社)東日本プラスチック製品工業協会
(一社)神奈川県プラスチック工業会
(一社)中部日本プラスチック製品工業協会
(一社)西日本プラスチック製品工業協会
電話番号
03-3541-4321

関連施策へのリンク

部素材産業支援事業へのIoT導入支援

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 製造産業課

電話:06-6966-6022

他の記事を読む