トップページ > 広報誌・E!KANSAI > シリーズ別

E!KANSAI シリーズ別

シリーズ サクッとコラム

近畿経済産業局の施策のエッセンスをサクッと読める長さでまとめました。

平成29年度

平成28年度

シリーズ エネルギー環境教育の取組

次世代を担う子供達に対して、エネルギー問題に関する総合的な見方や考え方を育成する「エネルギー環境教育」に取り組む企業をご紹介します。

平成29年度

シリーズ 「クール&クリエイティブ関西」プロジェクトのご紹介

本プロジェクトはクールジャパン戦略の一環として、伝統・文化・技術等に裏打ちされたクールジャパン商品を発掘・発信し、国内外においてクリエイティブ産業の新たな市場創出を目指すものです。本シリーズではプロジェクトに参加する企業等をご紹介いたします。

平成28年度

シリーズ IoT時代の新IT応用ビジネス先駆的事例

シリーズ 部素材産業支援事業の取組

当局が昨年から取り組んでいる「近畿地域における部素材産業支援事業」の全体の取組内容や個別企業事例をご紹介します。

平成28年度

平成27年度

シリーズ ダイバーシティ経営企業100選 事例紹介

シリーズ 伝統的工芸品を未来に伝えるために

近畿管内の伝統的工芸品の後継者育成に関する取組を紹介します。

平成28年度

シリーズ 伝統と革新~伝統的工芸品の新市場開拓~

シリーズ 生産性向上設備投資促進税制のすゝめ

シリーズ エネルギー分野で活躍する企業

「関西スマートエネルギーイニシアティブ」に御協力いただいている企業の取組を紹介します。

平成27年度

平成26年度

シリーズ 製品安全優良企業表彰受賞

アジアで挑戦を続ける関西企業 ~環境・省エネ分野で海外へはばたく~

関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)では、環境・省エネビジネスのアジア展開を促進するため、現地政府等との協力の枠組みや、官民が連携したネットワークの構築、ビジネスマッチング等のプロジェクトを推進しています。こうした取り組みの中から、代表的な企業の事例をご紹介します。

平成26年度

産地における地域ブランドを活かした取り組み

「地域ブランド」を確立し製品の高付加価値化を図っている産地の取り組み事例、その波及効果や新たな展開について全4回にわたってご紹介しています。

平成26年度

クリエイティブ企業事例紹介

平成25年度に「近畿地域のクリエイティブ産業実施調査」として収集した様々なクリエイティブ企業の事例を紹介します。

平成25年度

  • 不易糊工業株式会社~徹底した品質管理による安全性に優れた糊“フエキ糊”の挑戦~
  • 三宅化学株式会社~家庭用灯油ポンプのパイオニア“トーヨーポンプ”~
  • オルファ株式会社~「折る刃」だからオルファ 100ヵ国を超える地域から愛されるアイデアナイフ~
  • 日本シール株式会社~織物技術を活かした新分野・新商品への挑戦~
  • 日本橋ストリートフェスタ~日本橋を「最先端の趣味の街」に~
  • KYOTO CMEX(KYOTO Cross Media Experience)京都発コンテンツの祭典~京都が創る新しい世界~
  • NINJA KYOTO株式会社~大人たちのエンターテインメント・レストラン~
  • 株式会社庵~暮らすように旅する 新感覚の町家ステイ~
  • スタンダードブックストア(株式会社鉢の木)~ベストセラーを置かない書店~
  • 株式会社グローカルフード~ネット配信・パソコン制御による世界初の自動遠隔調理支援サービス~
  • 人形劇団クラルテ~様々なシチュエーションに合わせた公演を実現する人形劇団~
  • 打打打団天鼓(有限会社児雷也)~和太鼓と演劇が合体した異色の和太鼓エンターテインメント~
  • 株式会社マイファーム~感動の本格的農業体験による新たな農業へのチャレンジ~
  • 株式会社SCRAP~新体験の思考型参加イベント「リアル脱出ゲーム」~
  • 大阪国際児童青少年アートフェスティバル~想像力を刺激する大阪発の本格的国際児童演劇祭~
  • 神戸ポップカルチャープロジェクト~ポップカルチャーでKOBEが萌える~

知的資産経営活用のすすめ

“ 知的資産” という言葉をご存じでしょうか。
企業競争力の源泉となり得る自社の見えない強み(=「知的資産」)をしっかりと把握し、活用することで業績の向上や、会社の価値向上に結びつけることを「知的資産経営」と言います。全4回に亘って近畿地域の金融機関の特徴的な取組についてご紹介しています。

平成25年度

  • 陽信用金庫の取組
  • 尼崎信用金庫の取組
  • 滋賀銀行の取組
  • 大和信用金庫の取組