トップページ > 2025年国際博覧会の大阪・関西での開催が決定しました

2025年国際博覧会の大阪・関西での開催が決定しました

最終更新日:平成30年12月5日

2025年国際博覧会の大阪・関西での開催が決定しました 2025年国際博覧会の大阪・関西での開催が決定しました

11月23日(金曜日)にパリで開催された博覧会国際事務局(BIE)総会において、開催国に日本(大阪・関西)が選ばれました。これまでの誘致活動へのご支援・ご協力、誠にありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いします。

2025年大阪・関西国際博覧会の開催概要

概要
名称 EXPO 2025 OSAKA, KANSAI, JAPAN
会期 2025年5月3日~2025年11月3日
開催地 大阪府大阪市夢洲地区
テーマ いのち輝く未来社会のデザイン
(Designing Future Society for Our Lives)
サブテーマ:多様で心身共に健康な生き方、持続可能な社会・経済システム
想定入場者数 約2,800万人

開催地決定までの主なスケジュール

2017年4月11日
2025年国際博覧会の立候補及び開催申請について閣議了解
2017年4月24日
2025年国際博覧会開催国に立候補を表明
2017年6月14日
BIE(博覧会国際事務局)総会でプレゼンテーション
2017年9月25日
ビッド・ドシエ(立候補申請文書)提出
2017年11月15日
BIE総会(第2回プレゼンテーション)
2018年3月5日~9日
BIE調査団来日
2018年6月13日
BIE総会(第3回プレゼンテーション)
2018年11月23日
BIE総会(最終プレゼンテーション後、加盟国の投票により開催国が日本(大阪・関西)に決定)

最近の動き

国際博覧会とは

博覧会国際事務局(BIE)の承認のもと、国際博覧会条約に基づき開催される国際博覧会。

登録博覧会認定博覧会の2種類があります。

国際博覧会条約に基づき開催される国際博覧会
登録博覧会 認定博覧会
開催期間 6週間以上6ヶ月以内 3週間以上3ヶ月以内
特徴 二つの登録博覧会には少なくとも5年以上の間隔を置く。 会場規模は25ヘクタール以内で、一つの参加国に割り当てられる面積は1,000平米以内。
認定博覧会は、二つの登録博覧会の間に一回だけ開催できる。

日本で開催された国際博覧会

2025万博と未来ビジネスを考える出前ゼミ

2025万博と未来ビジネスを考える出前ゼミ

近畿経済産業局では、関西の大学や専門学校の学生の方などを対象に、当局職員や企業の方と「万博と2025年頃までの近未来の技術やビジネス」についてディスカッションする「2025万博と未来ビジネスを考える出前ゼミ」を実施しました。

本事業は、大学等の研究室や教室などに当局職員等が出向き、万博への夢や期待と、未来技術やビジネスをテーマにインタラクティブな意見交換形式によるゼミを実施するものです。

「2025万博と未来ビジネスを考える出前ゼミ」を実施します

「2025万博と未来ビジネスを考える出前ゼミ」実施報告

7月から関西の大学・専門学校等で9校14回開催しました。

関連リンク

下記実施大学の広報ツールに、本ゼミの様子が掲載されました!

近畿経済産業局の万博誘致に向けた取り組み

「Introduction KANSAI Industry and Culture」

「大阪・関西」における2025年国際博覧会の立候補を踏まえ、近畿地域の「産業」と「文化」を紹介する冊子(英語版)を作成しました。特に、関西国際空港などのインフラや文化財などの観光地の情報は勿論、関西で生まれた商品の紹介、企業・産業施設の集積状況、ビジネス環境などをグラフ・図等を用いてわかりやすく掲載しています。

「KANSAI 2025 創る未来・繋ぐ世界」

「大阪・関西」における2025年国際博覧会開催の立候補を踏まえ、近畿経済産業局の取組を紹介する冊子を作成しました。特に、IoT・ロボット・AIを背景にした次世代の産業のあり方である「コネクティッド・インダストリー」や、国連が提唱する良い未来を実現するための課題「SDGs」に対応した技術・感性をベースに、近畿経済産業局の主要な取組を紹介しています。

プロモーション活動

当局においては、国の出先機関(本局:12、事務所等:159)、大学・商工会議所・商工会・業界団体等関係団体(723)へ協力を要請し、9月13日から一斉にポスター(2,500枚)、チラシ(105,000枚)等による大阪・関西への国際博覧会誘致に向けたプロモーション活動を行うとともに、国の出先機関に対し、公用車へのシールステッカーの掲示、ピンバッチの着用、名刺へのロゴマークの掲載などの協力依頼を行いました。

また、大阪合同庁舎1号館庁舎東側(大阪市中央区)に懸垂幕を掲げ、公用車へマグネットステッカーを掲示するなど独自のプロモーション活動も実施しました。

合同庁舎の外観

合同庁舎の外観

公用車の外観

公用車の外観

参考

ビッド・ドシエ(立候補申請文書)

2017年9月25日(月曜日)、我が国は、博覧会国際事務局(BIE)に対し、2025年国際博覧会の大阪・関西誘致に向けたビッド・ドシエ(立候補申請文書)を提出しました。

パンフレット

経済産業省は、日本の開催計画、大阪・関西の魅力を伝えるためのパンフレットを作成いたしました。

仏語版、スペイン語版、アラビア語版は経済産業省のサイトにてご確認ください。

途上国支援

経済産業省は、日本の途上国支援プログラムの概要を伝えるためのリーフレットを作成しました。

仏語版、ロシア語版、スペイン語版、アラビア語版、ポルトガル語版は経済産業省のサイトにてご確認ください。

2018年2月23日(金)、我が国は、博覧会国際事務局(BIE)に対し、2025年国際博覧会の大阪・関西誘致に向けた途上国支援プログラムを提出しました。

仏語版は経済産業省のサイトにてご確認ください。

関係機関

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44

産業部 産業課
電話番号:06-6966-6021 FAX番号:06-6966-6082

総務企画部 広報・情報システム室
電話番号:06-6966-6009 FAX番号:06-6966-6071