トップページ > 報道発表 > 「局長記者会見6月19日(水)」を開催しました

「局長記者会見6月19日(水)」を開催しました

最終更新日:令和元年6月20日

6月19日(水)に開催しました局長記者会見の概要を掲載します。

1.第14回『関西企業フロントラインNEXT』を取りまとめました! 〈中小企業政策調査課

   近畿経済産業局では、中堅・中小企業の実態把握機能の強化の一環として、平成29年度より、関西の中堅・中小企業の最新の実態をヒアリング調査し、その結果を「関西企業フロントライン」として取りまとめ、情報発信しています。 第14回は関西企業フロントラインNEXTとして「『人材』が育つ関西のオープンファクトリー ~取り組みから生まれる『共通言語』~」 を取りまとめました。   【関連ページへのリンク】

2. 訪問企業事例の公表について ~「関西おもしろ企業事例~企業訪問から見える新たな兆:KIZASHI~」vol.2  〈中小企業政策調査課〉

 近畿経済産業局では、近畿2府5県における経済産業施策の総合的な窓口機関として年間1000件以上、地域企業の実態把握や施策立案のための企業訪問を行っています。
 様々な特色を備えた企業が多数立地する関西では、地域のエンドユーザーの目や耳に届くことが少ない加工産業や部品製造、OEM生産をはじめ、インバウンド対応や独自技術等で意欲的に新しいことにチャレンジしている「おもしろい」企業の活動に出会えるのも、この企業訪問の特徴です。
 今回、そうした取り組みの中で、オープンファクトリーを実施することで様々な成長の兆しが注目される企業を「関西おもしろ企業事例~企業訪問から見える新たな兆:KIZASHI~ vol.2 オープンファクトリー編」としてご紹介します。  【関連ページへのリンク】

3.近畿経済の動向〈企画調査課〉

 一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに改善しています。   【関連ページへのリンク】

4.この夏、関西でサイバーセキュリティを学ぶチャンス! << 本日、受講者の一斉募集開始 >> ~地域や中小企業にもサイバーセキュリティのセンスを~ <次世代産業・情報政策課>

 近畿経済産業局、近畿総合通信局、一般財団法人関西情報センターでは、昨年10月に発足した「関西サイバーセキュリティ・ネットワーク」の協力機関とともに、地域及び中小企業等が業務上でサイバーセキュリティを考えるために必要な視点やセンスを身につけることを目的とした講座を開催することとしており、本日、各講座への受講者の募集を一斉に開始します。   【関連ページへのリンク】

5.食の輸出拡大に向けた「海外展開塾」を開講します<産業振興室>

 近畿経済産業局では近畿農政局と連携し、食の輸出の初心者向け連続講座「海外展開塾」(全4回予定)を開講することとしました。
 海外展開塾では、豊富な事例紹介と専門家による講演により、実践的なノウハウをレクチャーします。また、座学だけでなく、ワークショップ等を通じて、参加者同士の交流の機会も設ける予定です。
 さらに、海外展開塾の最終回では、塾で学んだことを活かし、事業者間の連携や支援機関への個別相談、輸出商社との商談・輸出相談等ができる「GFPマッチングイベント(仮称)」に参加します。   【関連ページへのリンク】

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 総務課 広報・情報システム室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6009
FAX番号:06-6966-6071