トップページ > 報道発表 > 「局長記者会見7月24日(水)」を開催しました

「局長記者会見7月24日(水)」を開催しました

最終更新日:令和元年7月24日

7月24日(水)に開催しました局長記者会見の概要を掲載します。

1.「関西オープンファクトリーシンポジウム ~企業を見せれば人が育つ?!100社100通りのオープンファクトリーを考えよう~」 を開催します  〈中小企業政策調査課

   「オープンファクトリー」の効果に着目し、関西広域で取り組みの進化・拡大を目指すシンポジウムを開催します。シンポジウムでは、6月19日に公表した「関西企業フロントラインNEXT~人材が育つ関西のオープンファクトリー」の内容を紹介するとともに、有識者による講演やオープンファクトリーに実際に取り組んでいる中小企業によるパネルディスカッションを予定しています。 【関連ページへのリンク】

2.「関西おもしろ企業事例~企業訪問から見える新たな兆:KIZASHI~ Vol.3 社員も会社も輝く企業編」の公表について〈中小企業政策調査課

 近畿経済産業局では、近畿2府5県における経済産業施策の総合的な窓口機関として年間1000件以上、地域企業の実態把握や施策立案のための企業訪問を行っています。
 今回、そうした取り組みの中で、経営層だけでなく従業員の能動的な取組が特徴的な企業を「関西おもしろ企業事例~企業訪問から見える新たな兆:KIZASHI~ Vol.3 社員も会社も輝く企業編」としてご紹介します。2025・2030年の先、将来を見据えた変化の「兆し」として、働き方改革に取り組む企業の中でも特徴的な取組により、人が集まり、働く人が主体的に働くことを実現している企業事例です。  【関連ページへのリンク】

3.VR・AR等を活用したサービス創出に向けた取組実態調査を実施します~生産性を飛躍的に高める可能性を秘めるVR・AR等のビジネス用途に特化した活用のポイントを取りまとめます~ 〈コンテンツ産業支援室 〉

 関西経済活性化の担い手となる中小・ベンチャー企業の生産性向上を図る観点から、VR・AR等を活用したサービスを創出・事業化するための課題や方策等について、活用事例の分析を踏まえて検討します。 本調査の成果として、ビジネス用途に特化したVR・AR等の活用を考える中小・ベンチャー企業向けの手引書・事例集を取りまとめ、公表します。  【関連ページへのリンク】

4.”動画×SNS”観光プロモーション研究会(全5回)を開催します!~地域の「稼ぐ力」を身につけよう~<産業振興室>

 近畿経済産業局は、観光関係事業者が地域の魅力に磨きをかけ、動画やSNSといったプロモーションツールを活用しこれを効果的に発信することで、地域の“稼ぐ力”につなげる「“動画×SNS”観光プロモーション研究会」(全5回)を開催します。  【関連ページへのリンク】

5.関西初開催、サイバーセキュリティ実践演習始まる! ~地域の工場や重要インフラを守るために~<次世代産業・情報政策課>

 近畿経済産業局、近畿総合通信局、一般財団法人関西情報センターでは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA) と連携し、制御システム及び重要インフラ企業を対象とした実践的演習を、東京以外の地域として、初めて関西で開催します。【関連ページへのリンク】

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 総務課 広報・情報システム室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6009
FAX番号:06-6966-6071