トップページ > 施策のご案内 > ライフサイエンス・ヘルスケア関連産業KRIC関連イベント・セミナー>  第3回基礎セミナー

関西再生医療産業コンソーシアム 第3回基礎セミナー「投資家目線で見た再生医療市場の可能性と課題」の開催

最終更新日:平成28年8月9日

 KRICでは主に再生医療分野へ新たに参入を検討する企業向けの基礎セミナーを開催しております。今回は、みずほ証券株式会社 エクイティ調査部 シニアアナリスト 野村 広之進様、合同会社SARR 代表執行役員 松田 一敬様を講師にお招きし、『投資家目線で見た再生医療市場の可能性と課題』をテーマにご講演をいただきます。(本セミナーはKRIC登録企業限定のセミナーとなっております)。なお、セミナー終了後には講師も交えた交流会も予定しております。

概要

日時

2016年9月9日(金) 15:30~17:45  (受付:15:00~)  交流会 18:00~19:00

場所

ハロー貸会議室大阪梅田2(大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル(旧:大阪合同ビル) 地下1階)
アクセス外部リンク 新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

対象

KRIC参加登録企業及び再生医療分野における企業の取組をサポートする金融機関、ファンド、公的機関など
(本セミナーの参加を希望される方で、KRIC参画未登録の方は事前に参加登録をお願いいたします。)

定員 

50名

主催

関西再生医療産業コンソーシアム

参加費用

無料  (交流会にご参加の方は受付の際に1千円をお支払いいただきます)

プログラム

15:30 開会
15:35 「再生・細胞医療ビジネスの課題と投資

みずほ証券株式会社 エクイティ調査部 シニアアナリスト  野村 広之進氏

再生・細胞医療が成長分野だという漠然とした「総論」は共有されているが、その成長を実際にどのような製品が得るのかといった「各論」には、共通の見解が持ちにくいのが実態であろう。これは、再生・細胞医療分野がまだ産業として成立していないため明確な成功パターンを描きにくいためとみており、現時点では正解を得るのは難しいが、本セッションでは、これまでの成功事例、失敗事例、そして投資家の動向の分析を通じて、一定の見方を示した上で議論を行いたい。

16:35 「ベンチャーキャピタルからみた再生医療の可能性と課題

合同会社SARR 代表執行役員  松田 一敬 氏

再生医療新法の施行により、業界に大きな変化が起こり、再生医療をスピーディに実用化する環境が整いつつある。新法では外部委託も可能になり、病院の治療現場や経営形態のオペレーションにおいて大きな変化を期待できる。特に先端医療分野ではルール体系が技術プラットフォームの一部になっており、「創造的に規制を設けること」がむしろイノベーションを促進している。市場拡大が確実視される背景にあり、技術進歩も著しいため、従来の関係者(研究者・医師・開発者等)だけの検討ではおそらく新ビジネスを掴み切れていない可能性がある。当日はそうした現状を踏まえて、ベンチャーキャピタル目線からみた再生医療の可能性と課題について紹介する。

17:35 質疑応答
17:45 閉会
18:00 交流会開始
19:00 交流会終了


申し込み方法

申込書(WORD:20KB)Wordリンク 新しいウィンドウで開きますに必要事項を記載のうえ、下記メールアドレスまでお申し込み下さい(9月5日〆切)。 
 京都リサーチパーク株式会社 開発企画部(担当:村中、大信田)  
 TEL:075-315-8476  E-mail:pjstaff@krp.co.jpメールリンク メールソフトが起動します

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6163
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-bionews@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します