トップページ > 施策のご案内 > ライフサイエンス・ヘルスケア関連産業 > 関西バイオものづくり取組概要

関西バイオものづくり取組概要

最終更新日:令和4年7月1日

 近年、バイオテクノロジーとデジタル技術の進展により、生物機能を最大限に活用した新たな「バイオものづくり」が生まれ、次世代を担う産業として注目を集めています。関西では、バイオコミュニティ関西(BiocK)が、バイオ戦略の1つの施策である「グローバルバイオコミュニティ」に認定され、生物・化学・素材系などの企業や大学・研究機関の集積をいかした、バイオエコノミー社会の実現に向けた活動が期待されています。

目的

バイオものづくり関連技術の実用化・事業化に向けた取組の創出・促進

先行事例及び有望技術の内容を踏まえた地域への普及啓発

関連情報

バイオものづくりプロジェクト【国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)】NEW

 NEDOでは、「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発(通称:バイオものづくりプロジェクト)」にて、バイオものづくり産業の基盤となる、バイオ資源活用促進のための各種技術や従来法にとらわれない次世代生産技術開発等を行っています。
  本プロジェクトの一環として、神戸大学、大阪大学、大阪工業大学、京都大学、株式会社ちとせ研究所、Green Earth Institute株式会社でのバイオ生産推進拠点(バイオファウンドリ拠点)の整備を進めています。
  これと並行して、バイオものづくりの社会実装を拡大・促進するため、各拠点でバイオものづくりを担う人材育成を目的とした「人材育成プログラム(NEDO特別講座)」を順次開講します。人材育成プログラムの詳細は、以下の紹介ページをご覧ください。

ガイドブック

バイオものづくりを加速させる関西のバイオファウンドリ

調査報告書

バイオものづくり技術の社会実装に向けた関西におけるバイオファウンドリ活用可能性調査 実施報告書

イベント情報

関西バイオものづくりフォーラム2022 ーバイオ戦略の実現に向けてー 終了しました

  本フォーラムは、バイオものづくり関連技術の実用化・事業化に向けた取組の創出・促進、先行事例及び有望技術の内容を踏まえた地域への普及啓発を目的として開催いたします。

■日時:2022年3月16日(水)13:30 ~ 17:30

■形式:WEB開催

■主催:近畿経済産業局

■共催:バイオコミュニティ関西(BiocK)
    一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

■参加費:無料

■プログラム:
 ○ご講演(1)『 経済産業省における今後のバイオ政策の方向性について 』
    経済産業省商務・サービスG 生物化学産業課課長補佐(総括担当)
          (併)大臣官房スタートアップ創出推進室付  保田 友晶 氏
 
  ○ご講演(2)『 バイオコミュニティ関西(BiocK) ~「つなぐ」「つなげる」「つながる」・集積から連携へ~ 』
    NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議 副理事長 坂田 恒昭 氏
 
  ○ご講演(3)『 バイオコミュニティ関西『分科会』における連携ー盛り上げよう関西! 』
    大阪大学大学院 工学研究科 教授 大政 健史 氏

  ○ご講演(4)『 合成生物学とバイオファウンドリ開発動向 』
    神戸大学 副学長 科学技術イノベーション研究科長・教授
    理化学研究所 環境資源科学センター 副センター長 近藤 昭彦 氏

  ○ご講演(5)『 バイオファーストに向けたバイオ生産マネジメントシステムの構築 』
    京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 教授 小川 順 氏

  ○ご講演(6)『 バイオものづくりNEDOプロジェクト動向 』
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 材料・ナノテクノロジー部 バイオエコノミー推進室 矢追 克郎 氏

  ○ご講演(7)『 バイオファウンドリを中心とした合成生物学の産業クラスターの創生 』
    株式会社バッカス・バイオイノベーション 代表取締役社長 丹治 幹雄 氏

  ○ご講演(8)『 産業界がバイオファウンドリに寄せる期待〜バイオファウンドリ活用可能性調査〜 』
    株式会社ダン計画研究所 産業グループ 研究員 辻 雄介 氏

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6163
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-biomail@meti.go.jp