トップページ > 施策のご案内 > ライフサイエンス・ヘルスケア関連産業 > 健康経営 > 認定企業による取り組み事例 > 株式会社ハンナ(奈良)

株式会社ハンナ 

最終更新日:平成31年12月19日

法人概要

  • 本社所在地  〒630-8442 奈良市北永井町372番地
  • 代 表 電 話  0742-63-8787
  • 設 立 年 月  1980年10月
  • 事 業 内 容  一般貨物自動車運送事業、貨物利用運送、通過型倉庫、車両整備
  • 従 業 員 数  102名(2018年11月時点)
  • 認 定 年  2017年、2018年

取組事例

 株式会社ハンナは、奈良を拠点に24時間365日体制でトラック輸送業務を行っている。2006年に就任した現社長は、人口減少によるドライバー不足の現状において、自社の物流サービスを維持するために業務改革を進めており、物流技術管理士資格の取得を部長に、運行管理者資格の取得を課長にそれぞれ義務付けている。トラックにはデジタコ、ドラレコを装着しドライバーの運行実態を把握するとともに、自社独自の管理システムより業務を管理し、協力会社と作成した「ドコマップ」により運送経路の把握を可能にした。これらのITツールの活用により、自社だけでなく荷主が車両の動きを確認できるようになり、輸送ルートや配車効率の向上に役立てている。また、このことによりドライバーの勤務時間における無駄な拘束時間や待機時間を削減することができ、労働時間の短縮にもつながっている。
 上記のような業務改革の流れの中で、長時間労働などトラック輸送業務のマイナスのイメージを良くしたいと健康経営に自然と取り組むようになり、2017年8月には奈良県内で初めてとなる健康経営優良法人に認定され、それにより奈良県知事表彰を受けることができた。安全衛生委員会(2013年設置)、総務課が中心となり社内の健康管理への取組内容を検討している。協会けんぽ奈良支部による「職場まるごと健康チャレンジ」に取り組むにあたっては、従業員全員が参加し、業務グループ単位で目標を共有するようにしている。その結果、従業員間におけるコミュニケーションが生まれる、チャレンジ終了後も目標を継続する、など良い影響が出ている。また、健康診断100%受診は当たり前、健診結果において要経過観察の項目がある従業員に対しては、保健師による指導や社内担当者による定期的な声かけによって自分自身の健康課題を意識してもらい改善へ取り組み、健康な心身で勤務しよう。と働きかけている。また飲料メーカーの協力を得て、期間内で歩数を競う社内イベント“ハンナウォーキング”を実施、運動を始めるきっかけづくりをした。従来から高いといわれるドライバーの喫煙率についても、安全衛生委員会主催の安全大会において講師を招いた禁煙セミナーを開催するなど、喫煙者に対する働きかけを行った結果、喫煙率を2ヶ月で61%から45%に減少させることができた。現在は42%となっている。今年度、新車購入時には禁煙車も導入しており、社内における禁煙への呼びかけを継続的に勧めている。感染症予防のためにインフルエンザの予防接種費用の補助を実施している。
 健康経営に取り組んだ結果として、顧客である荷主からは好印象を得ており、「健康」という共通の身近な話題から社内でのコミュニケーションが活発になり、従来まで高かった離職率の低下につながっている。また、安心して勤務ができると女性社員の入社希望者が増えるほか、合同就職説明会における出展ブースにおいても認定法人のロゴを掲示することで、学生からも注目されるようになってきている。

取組の様子

ハンナ取組事例写真その1  ハンナ取組事例写真その2  取組の様子

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6163
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-bionews@meti.go.jpメールリンク