トップページ > 施策のご案内 > 情報化推進 > イベント情報> IT×知財を操るワークショップ

IT×知財を操るワークショップ~リスクから貴方の知財をマモル~「第3回:オープンソースソフトウェアをビジネスに活かす知的財産戦略」を開催します 

最終更新日:平成26年10月2日

 近畿経済産業局では、自社の技術やノウハウを守り効果的にビジネスを進めるために、企業経営において知っておきたい知的財産戦略のポイントを紹介するワークショップを4回シリーズで開催します。

 第3回目は、「オープンソースソフトウェア(OSS)をビジネスに活かす知的財産戦略」と題し、ライセンスなど難解と思われがちなOSSの取り扱いやビジネス活用の手法等について、OSS分野におけるライセンスや知財戦略に関する講師等の実績豊富な弁護士や、積極的にOSSをビジネス活用している専門家よりご紹介いただきます。

 OSSは、様々なシステム・製品に使われており、ライセンスなど一定の要件をしっかりと押さえれば、開発期間やコストの点でも非常に有効なツールと言われています。自社でOSSをどう活用したら良いのかお悩みの皆様、本ワークショップをご活用ください。

概要

日時

2014年11月28日(金)14:00~16:30 (受付は13:30から開始します)

場所

常翔学園大阪センター 302号室(大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ3階)

詳しい交通アクセスは常翔学園大阪センターのホームページ外部リンク 新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

参加費

無料

定員

50名

参加対象

オープンソースソフトウェア分野の知的財産にご関心のある企業、コーディネータ、等

プログラムご案内チラシ(PDF:1.7MB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きますもご覧ください。)

取組紹介 (14:05~14:20)

「オープンソースソフトウェアのご紹介とRubyビジネス推進協議会の取組について」
講師:Rubyビジネス推進協議会 理事 石丸 博士氏

基調講演 (14:20~15:20)

「オープンソースソフトウェアの最新動向と知財戦略のポイント」
講師:日比谷パーク法律事務所 弁護士・弁理士 上山 浩氏

[講演内容]
 オープンソースソフトウェアに関する係争事例をもとに、オープンソースソフトウェアを利用する際の法的リスクを具体的に解説いただき、どのようなリスクを押さえ、どのようなポイントに留意しておけば、オープンソースソフトウェアを事業に積極的に活用することが可能になるかについてお話しいただきます。

[講師プロフィール]
 京都大学理学部卒業後、富士通、野村総合研究所を経て、1998年司法試験合格。2003年に日比谷パーク法律事務所に入所。専門分野は、特許法、著作権、不正競争防止法、商標権、意匠権等の知的財産権に関する法務、システム開発契約・IT、独占禁止法、会社法、国際仲裁など。H20知的財産戦略本部「デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会」委員をはじめ国の委員を歴任。
 これまでに、首都圏を中心に、企業を対象としたオープンソースソフトウェア分野におけるライセンスや知財戦略に関するセミナー講師を多数務める。

意見交換会(15:30~16:30)

「オープンソースライセンスの実務と基礎を知る」
コーディネータ:上山 浩氏
事例発表:株式会社クレオネットワークス 事業企画統括部 マーケティング部 マーケティングプランナー 可知 豊氏

[講演内容]
 積極的にオープンソースソフトウェアをビジネス活用している専門家より、オープンソースソフトウェアを利用する上で避けて通れない「オープンソースライセンス」とは何か、また、企業が実践すべき知財戦略とリスク管理の実践例などについて、発表いただきます。
 その後、コーディネータと参加者の皆様とともに、オープンソースソフトウェアを利用したシステム開発のプロジェクト管理や、ユーザーサポートなどに関して、意見交換を行います。

[事例発表者プロフィール]
 大手電気メーカーでPC-HWの設計に携わった後、コンピュータ関連のテクニカルライターとして活躍。現在は、Ruby on Railsをベースとしたクラウド型BPMシステム「BizPlatform」を提供するクレオネットワークスで、マーケティング業務に従事する。オープンソースコミュニティでは、OpenOffice.org日本ユーザー会のマーケティング・コーディネータとして活動していたほか、ブログ「オープンソース・ライセンスの談話室」を主催する。主な著書に『ソフトウェアライセンスの基礎知識』(ソフトバンククリエイティブ)、『知る、読む、使う!オープンソースライセンス』(達人出版会)などがある。

ワークショップ終了後、名刺交換会を行います。

申し込み方法

本ワークショップに申し込みされる方は、こちらの申込受付用ページの「参加する」外部リンク 新しいウィンドウで開きますをクリックのうえ、必要事項をご入力ください。

※本ワークショップの参加申込受付等の運営業務は、株式会社ダン計画研究所が担当しており、同社が作成するホームページ及び「参加申し込みフォーム」にリンクいたします。参加お申し込みについては、株式会社ダン計画研究所にご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6015
FAX番号:06-6966-6097
メールアドレス:kin-jousei@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します