トップページ > 施策のご案内 > 情報化推進 > 「計測展2020 OSAKA」に出展し、関西の様々な取組を紹介します

「計測展2020 OSAKA」に出展し、関西の様々な取組を紹介します

最終更新日:令和2年10月19日

概要

  近畿経済産業局では、10月21日(水)~23日(金)にグランキューブ大阪にて開催される「計測展2020 OSAKA」(主催:一般社団法人日本電気計測器工業会)に出展し、関西発の取組を紹介します。
 全国の中小企業が大学・研究機関等と共同で研究開発や試作開発をした成果を集めた8者の共同出展ブース「関西サポインビジネス推進ネットワーク」、関西を代表する情報関連21団体の会員企業のうち、選りすぐりの14者の共同出展ブース「関西ものづくりIoT推進連絡会議(PIIK)」、関西地域のロボット導入拠点やロボットSIerによる人材育成、ロボット導入支援の紹介ブースにおいて、ビジネスマッチングや課題解決につながるソリューションをご提供します。
 そのほか、大阪大学産業科学研究所ブースでは、次世代デバイスの実用化開発、社会実装に向けた取組も紹介しています。
 また、10月21日(水)11時から近畿経済産業局長による基調講演があり、そこでは、ウィズコロナ時代にますます重要になってくる3D、AI、ロボットなど新たなイノベーションを創出する取組を紹介しますので、是非ご聴講ください。

近畿経済産業局の取組を紹介する出展ブース

1 関西サポインビジネス推進ネットワーク【ブース番号35】

「関西サポインビジネス推進ネットワークパビリオン」には、会員企業始めとするサポイン事業実施企業8社が出展し、現在取り組んでいる研究開発内容や研究成果を活用した事業等にについて展示を行います。また、開催期間中、会場内特設ステージにて成果等のプレゼンテーションも行います。

2 関西ものづくりIoT推進連絡会議(PIIK)【ブース番号36】

「関西ものづくりIoT推進連絡会議パビリオン」には、参加21団体の会員企業から推薦のあったよりすぐりの14社が”キラりと光る”製品やサービスを出展するとともに、開催期間中、会場内の特設ステージにてセミナーを通じた製品・サービスの紹介も行います。

3 令和2年度地域企業イノベーション支援事業(関西地域の先導的ロボット導入促進拠点連携によるロボットSIer育成事業)【ブース番号56】

最新の産業用人協働型ロボット「COBOTTA(コボッタ)」や「iiwa(イイヴァ)」を展示し、実際の動作を確認いただけます。
また、説明員が常駐し、展示ロボットの説明や中小企業のロボット導入に関する相談にも対応します。

4 令和2年度地域企業イノベーション支援事業(フレキシブル3次元実装コンソーシアム)【ブース番号20】

下記テーマのポスター展示を実施。
・WBGパワー半導体の市場拡大ための最新の接合材料開発、信頼性評価技術
・パワーデバイスのAI活用による故障診断予測
・次世代パワエレ基板の熱特性評価方法に関する国際標準化技術

 

「計測展2020 OSAKA」の詳細については、公式ホームページをご覧ください。

近畿経済産業局長による基調講演

  ウィズコロナ時代の「新しい生活様式」として、IoT、AI、ロボットなどの技術がますます重要になっています。
 2025年大阪・関西万博に繋がる未来の技術開発を目指し、ロボット導入によるスマートファクトリー化、3D積層造形ものづくり全行程モデル化など、新たなイノベーションを創出するための関西の取り組みについて紹介します。

タイトル:関西経済の未来に向けて~第四次産業革命とウィズコロナ時代の中で~
開催期間:令和2年10月21日(水曜日) 11:00~12:00
会  場:グランキューブ大阪(大阪国際会議場) 10階 1003会議室

報道提供資料

令和2年10月19日プレス資料

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 次世代産業・情報政策課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6008
FAX番号:06-6966-6097