トップページ > 施策のご案内 > 産業人材 > ダイバーシティ推進 > 令和元年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」及び「100選プライム」選定企業を決定しました

令和元年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」及び「100選プライム」選定企業を決定しました

最終更新日:令和2年3月16日

3月16日(月)、 経済産業省では、多様な人材の能力を最大限引き出し、経営成果につなげている企業18社を、「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定しました。うち近畿経済産業局管内からは3社(中小企業2社、大企業1社)を選定しました。また、特に先駆的な取組を行っている企業2社を、「100選プライム」に選定しました。

「新・ダイバーシティ経営企業100選」及び「100選プライム」について

我が国がデフレ経済から「価値創造」経済へと転換を図っていくためには、女性、外国人、高齢者、障がい者を含め、一人一人が能力を最大限発揮して価値創造に参画していくことが必要です。
「ダイバーシティ経営」とは、多様な人材が持つ能力を最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営を指します。
経済産業省では、様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を経済成長に資するものとして評価し、ベストプラクティスとして発信する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を平成24年度から3年間実施しました。
平成27年度からは、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として実施をしており、今年度は「経営層への多様な人材の登用」、「キャリアの多様性の推進」、「マネジメントの在り方の改革」、「外国人・シニア・チャレンジドの活躍」の4つを重点テーマに設定し、より広く経営に効果のある事例を募りました。
また、平成29年度より、「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン」を基に、より全社的・継続的な取組を重視し、「ダイバーシティ2.0」に取り組んでいる企業を、「100選プライム」として選定しており、今年度は東急株式会社、株式会社千葉銀行の2社が選ばれました。

近畿管内の「新・ダイバーシティ経営企業100選」選定企業

近畿管内の選定企業は以下のとおりです。

[中小企業]

  • 株式会社アクアテック(大阪府大東市)製造業 取組内容はこちら
     新たな知を学び挑戦し続ける組織風土の下、経験と実力のあるベテランシニア人材の集団が新たな技術開発を次々に実現
  • 株式会社友安製作所(大阪府八尾市)卸売業,小売業 取組内容はこちら
     社員相互の強みを認め合い学び続ける機動的な組織で第二創業のインテリア用品SPA(製造小売業)で急成長を達成

[大企業]

  • 京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社(京都府京都市)宿泊業,飲食サービス業 取組内容はこちら
     働き方改革の取組を基盤に障がい者の戦力化を組織全体でサポートし、ともに高め合う組織風土の醸成で選ばれるホテルへ

全国の選定企業

全国の選定企業については、経済産業省ホームページからご覧下さい。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済経済部 地域経済課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6013
FAX番号:06-6966-6077