トップページ > 施策のご案内 > 企業立地・産業基盤 > PPP/PFI

PPP/PFI 

最終更新日:平成31年1月17日

PPP/PFI とは

PPP(Public Private Partnership)

公共主体と民間が連携して公共サービスを提供する手法を幅広く捉えた概念。

PFI(Private Finance Initiative)

PPPの一手法。公共施設等の設計・建設、維持管理、運営等を民間の資金や経営能力、技術的能力などを活用することで、効率化やサービスの向上を図る公共事業の手法。

コンセッション方式(公共施設等運営権方式)

PFIの一類型。料金徴収を行う公共施設等について、地方公共団体等の公共主体が施設の所有権を有したまま、施設の運営権を民間事業者に設定する方式。

工業用水道事業におけるPPP/PFI

  産業構造の変化、水使用の合理化により工業用水需要が減少する一方、高度経済成長期に整備された施設の老朽化により施設更新の必要性が増しているなど、工業用水道事業の一部の事業体においては、厳しい経営環境となっています。

 その対応策の一つとして、公共主体が民間の資金や経営原理を活用して効果的・効率的なインフラ整備・運営を行うPPP/PFIの1類型であるコンセッション方式を工業用水道事業に導入することが有効とされています。

近畿経済産業局PFI/PPPセミナー

関係法令

参考資料(経済産業省公表)

リンク

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局  産業部  産業振興室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6054
FAX番号:06-6966-6078