トップページ > 施策のご案内 > 農商工連携 > 食の輸出拡大に向けた海外展開塾

食の輸出拡大に向けた海外展開塾を開講します 
~第1回:初めての食品輸出セミナー~

最終更新日:令和元年6月19日

 近畿経済産業局と近畿農政局は、地域資源・農商工連携・6次産業化の施策を通じて、約620件の食品関連事業者・農林漁業者等の事業計画を認定し、支援してまいりました。
 これらの認定事業者からは、食の輸出に関して意欲はあるが、バイヤーとの接触や各国の食文化・輸入規制などの理解が難しいという声がありました。このことを踏まえ、今年度から食の輸出の初心者向け連続講座「海外展開塾」(全4回予定)を開講することとしました。
 海外展開塾では、豊富な事例紹介と専門家による講演により、実践的なノウハウをレクチャーします。また、座学だけでなく、ワークショップ等を通じて、参加者同士の交流の機会も設ける予定です。
 さらに、海外展開塾の最終回では、塾で学んだことを活かし、事業者間の連携や支援機関への個別相談、輸出商社との商談・輸出相談等ができる「GFPマッチングイベント(仮称)※」に参加します。

※GFPマッチングイベント・・・GFP(農林水産物・食品輸出プロジェクト)の取組の一環として、販路開拓・拡大を希望する事業者を対象に、セミナー及びサプライヤーとバイヤーをマッチングして商談・輸出相談を行うイベントを12月に京都で実施します。

「初めての食品輸出セミナー」概要

日時

令和元年7月30日(火曜日) 14時00分~17時00分(受付開始13時30分)

場所

近畿経済産業局 第一会議室

(大阪府大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館2階)

参加費

無料

対象者

農商工・地域資源・6次産業化の認定事業者、これから輸出をはじめたい食品関連の中小企業者、農林漁業者又はJA等
(全4回参加していただきますようお願いします)

定員

20名

プログラム

開会挨拶

1.中小企業による事例紹介

「海外販売を成功させる 3つのコツ~喜びも悲しみも~」

和田様

講師:株式会社和田萬 代表取締役社長 和田 武大 氏
1883年創業のごま専門メーカー・和田萬の5代目。いりごまやすりごまを主に加工販売している。輸出については2010年から取り組みをはじめ、実績があがらず一度はやめようと思ったが、香港での1社との小さなきっかけから実績ができはじめ、輸出は2012年から7期連続増収を続けている。趣味は、海外出張での仕事の合間に街歩きとB級グルメ探し。

2.専門家による講演

「食品輸出の最前線 食品輸出に対する準備から取引まで」

高橋様 

講師:株式会社ITADAKIMASU FINE FOOD 代表取締役副社長 高橋 啓輔 氏
1999年上組入社。2006~2016年関西国際空港株式会社・新関西国際空港株式会社航空営業部。2012年関西からの食輸出を促進するため、関西・食・輸出推進事業協同組合、ALL関西「食」輸出戦略会議、関西フードエクスポート&ブランディング協議会を設立。農林水産省及びジェトロ主催のロジスティック研究会に有識者として招聘。各種講師、パネラー。アドバイザーを歴任。

3.ワークショップ

テーマ:うちの商品、海外で売れルンやろうか?~自社の強みを棚卸ししよう!~

ファシリテーター:株式会社ITADAKIMASU FINE FOOD 代表取締役副社長 高橋 啓輔 氏

主催

近畿経済産業局

共催

近畿農政局

協力

株式会社日本政策金融公庫、株式会社商工組合中央金庫、中小企業基盤整備機構近畿本部、日本貿易振興機構大阪本部

参加申込方法

 以下のWEBお申し込みフォームからお申し込みください。            

申込期限:令和元年7月23日(火曜日)17時00分

※申込多数の場合は、審査の上、参加の可否を連絡させていただきます。

発表資料

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 産業課産業振興室  
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6054
FAX番号:06-6966-6078
メールアドレス:kin-sanshinshitsu@meti.go.jp