トップページ > 施策のご案内 > 地域資源活用 > 奈良県葛城市が「ふるさと名物応援宣言」を行いました 

奈良県葛城市が「ふるさと名物応援宣言」を行いました

最終更新日:令和元年12月11日

本日、奈良県葛城市が中小企業地域資源活用促進法※1に基づき、「ふるさと名物応援宣言※2」を行いました。
本宣言では、同市の貴重な地域資源である織物、染色、靴下、衣料縫製品、刺繍、編レース、ニット、染色、合成樹脂ボタン、サンダル、軽装履、スポーツシューズを活用した「機能性を重視したファッション製品」を「ふるさと名物※3」として応援することとしています。近畿経済産業局においても、市町村が「ふるさと名物応援宣言」を行うことを推奨するとともに、情報発信や補助事業などで支援を行っていきます。

※1 中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律

※2「ふるさと名物応援宣言」には、(1)地域のプロフィール、(2)応援する「ふるさと名物」、(3)活用する「地域資源」、(4)市町村による具体的な支援策等を記載します。

※3「ふるさと名物」とは、地域資源を活用した商品・サービス(群)を指します。

奈良県葛城市の「機能性を重視したファッション製品」の概要

機能性を重視したファッション製品

戦国時代に同市へ木綿が伝来し、木綿の生産や染物が基幹産業として発展を遂げてきました。そして戦後になると、靴下、織物、衣料縫製品、刺繍、編レース、ニット、染色、合成樹脂ボタン、サンダル、軽装履、スポーツシューズなど多様化して現在に至っております。
それぞれの製品は、機能性が高くOEM中心に発展を遂げておりますが、近年はオリジナルブランドでの販売も始まり、市場での評価も高まっております。
本宣言では、この「機能性を重視したファッション製品」を市として応援するものです。

ふるさと名物:「機能性を重視したファッション製品」

奈良県葛城市の「ふるさと名物応援宣言」

ふるさと名物応援宣言とは

地域ブランドの育成・強化による地域活性化を図るため、市町村において地域を挙げて支援を行う「ふるさと名物」を特定、地域を挙げて応援することを宣言し、積極的な情報発信を行うものです。
なお、全国では270件(247の市町村)の宣言がされています。(令和元年12月10日時点)

参考

奈良県葛城市のホームページ

全国の「ふるさと名物応援宣言」(ミラサポホームページ)

 

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 産業振興室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6054
FAX番号:06-6966-6078
メールアドレス:kin-sanshinshitsu@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します