トップページ > 施策のご案内 > 製造産業 > 第8回「ものづくり日本大賞」の受賞者を決定しました!

 第8回「ものづくり日本大賞」の受賞者を決定しました!

最終更新日:令和元年12月27日

  経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省は、第8回「ものづくり日本大賞」各賞の受賞者を決定しました。 このうち、経済産業省関係では、近畿ブロックから、内閣総理大臣賞2件(全国4件)、経済産業大臣賞1件(同23件)、優秀賞4件(同18件)、計7件の受賞を決定しました。

  なお、近畿経済産業局では、2月18日(火)に、近畿ブロック受賞者表彰式を開催する予定です(大阪市内ホテル予定)。

ものづくり日本大賞について

 「ものづくり日本大賞」は、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するものです。
 本賞は、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省が連携し、平成17年より隔年開催しており、今回で8回目を迎えます。

受賞案件(近畿ブロック)

内閣総理大臣賞:2件

《製造・生産プロセス部門》
 ○ 株式会社小松製作所(大阪府枚方市)[受賞者7名]
  『見える化により飛躍的に生産性向上が可能なKOM-MICSの開発』

《製品・技術開発部門
 ○ 株式会社プラ技研(大阪府吹田市)[受賞者1名]
  『世界初!継ぎ目のないカテーテル製造装置「MIX-mini(ミックス・ミニ)」』

経済産業大臣賞:1件

《製品・技術開発部門》
 ○ スペクトロニクス株式会社(大阪府吹田市)[受賞者7名]
  『素材機能の維持と高品位微細加工を両立するピコ秒ハイブリッドレーザー技術の開発』

優秀賞:4件

《製造・生産プロセス部門》
 ○ 日伸工業株式会社(滋賀県大津市)[受賞者5名]
  『製品の機能評価機構を組合せてプレス加工への工法転換を達成した生産システム』

《製品・技術開発部門》
 ○ 株式会社 浪速工作所(大阪府堺市)他1社[受賞者7名]
  (受賞者のうち2名は日本スレッド株式会社)
  『世界のあらゆる水問題を解決する。新型ろ過装置「Wクリーンろ過装置」の開発』

《伝統技術の応用部門》
 ○ タバタ株式会社(大阪府堺市)[受賞者4名]
  『攻めの姿勢で伝統を守る。健康で快適な暮らしの一端を担う機能性畳の開発。』

 《「Connected Industries-優れた連携」部門》
 ○ 株式会社山本金属製作所(大阪府大阪市)[受賞者7名]
  『工具から実現するコネクテッド・インダストリーズ、「MULTI INTELLIGENCE®」』

受賞者表彰式

 今後、1月8日(水)には各省合同で、内閣総理大臣賞の表彰式・祝賀会を、また経済産業省では、1月27日(月)に経済産業大臣賞及び特別賞の表彰式・祝賀会を、その後、各地域の経済産業局において、優秀賞等の表彰式を開催する予定です。
 なお、 近畿経済産業局では、2月18日(火)に近畿ブロック受賞者表彰式を開催する予定です。

発表資料

第8回「ものづくり日本大賞」の受賞者を決定しました!

第8回「ものづくり日本大賞」近畿ブロック受賞者一覧

第8回「ものづくり日本大賞」近畿ブロック受賞概要

※全国の受賞者一覧、受賞概要等は、こちら(経済産業省ウェブサイト)をご覧下さい。

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 産業部 製造産業課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6022
FAX番号:06-6966-6082