トップページ > 施策のご案内 > 環境・リサイクル > 令和元年度マグネシウム合金ものづくりセミナーを開催します

 令和元年度マグネシウム合金ものづくりセミナーを開催します

最終更新日:令和2年1月15日

 

 近畿経済産業局では、地域中核企業ローカルイノベーション支援事業において、マグネシウム合金を活用したものづくりに取り組む地域中核企業を支援するとともに、その支援体制の強化を図るため、企業や専門家、支援機関等からなるネットワークの形成を進めています。
 マグネシウム合金は軽量なため、輸送機器に採用すれば車体重量を軽減し省エネルギー化が期待されます。また、本事業のネットワーク企業の中には仕事に使う道具の材料をマグネシウム合金に置き換えて軽量化を図り、今までにない性能を獲得するとともに、女性や高齢者でも簡単に扱えるデザインにすることによって、女性や高齢者の社会進出を側面支援する取組をされている企業もあります。
 今回のセミナーでは、各専門家からマグネシウム合金材料・各種技術の進展や将来性、及び当ネットワークの活動状況等についてお話していただきます。

概要

開催日時

令和2年2月4日(火) 13時00分~17時00分 (開場12:30)

場所

グランフロント大阪北館タワー C8階(地図はこちら
ナレッジキャピタルカンファレンスルーム
タワーC RoomC01+C02

定員・参加費

定員:80名(先着順・要事前申込)
参加費:無料

プログラム
              開会挨拶 近畿経済産業局

 ○   13:05~13:50 「マグネシウム合金材料の開発・実用化はどこまで来たか」
             国立研究開発法人 産業技術総合研究所 構造材料研究部門 軽量金属設計グループ 研究グループ長 千野 靖正 氏

 ○   13:50~14:35 「マグネシウム合金材の各種展伸材の現状ついて」
            三協立山株式会社 三協マテリアル社 技術開発統括室 製品技術部長 清水 和紀 氏
 ○ 14:35~14:45  休憩

 ○   14:45~15:30   「マグネシウム合金の鋳造・ダイキャストによるものづくりの現状」
            一般社団法人日本マグネシウム協会 専務理事 小原 久 氏

 ○   15:30~16:15   「マグネシウム合金製高速鉄道車両構体開発へのMIG溶接適用の現状について」
            ISMA 横浜金沢分室( 再委託先)木ノ本伸線株式会社 理事 上田 光二 氏
 
 ○   16:15~16:55 「マグネシウム合金ものづくりネットワーク企業の取り組み」
            マグネシウム合金ものづくりネットワーク支援事業 プロジェクトマネジャー 松井 繁朋

            閉会挨拶 大阪府立大学

 ※セミナーの詳細はご案内チラシをご参照下さい。
主催

近畿経済産業局

共催

公立大学法人大阪府立大学

協賛

一般社団法人日本マグネシウム協会
一般社団法人軽金属溶接協会

事務局

大阪府立大学 研究推進本部URAセンター

申し込み方法

 こちらの申込受付用ページからお申し込みください。
 締切り前でも、定員に達し次第終了する場合がありますので、お早めにお申し込みください。

※参加申し込み及び本セミナーに関するお問い合わせについては、下記までご連絡ください。
<お問い合わせ・申込先>
大阪府立大学 研究推進本部URAセンター
〒599-8570 堺市中区学園町1番2号
TEL:072-254-9128 
FAX:072-254-7475  
E-mail:URA-center@ao.osakafu-u.ac.jp

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6018
FAX番号:06-6966-6081
メールアドレス:kin-kankyo@meti.go.jpメールリンク メールソフトが起動します