トップページ > 施策のご案内 > 次世代ロボットテクノロジー・エネルギーシステム > 日本初「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想(Kansai-3D実用化プロジェクト)」について > 三次元設計を活用した“デジタルモノづくり”を促進 (AM×DX)

三次元設計を活用した“デジタルモノづくり”を促進 (AM×DX)

最終更新日:令和4年1月13日


 近畿経済産業局が推進する「Kansai-3D実用化プロジェクト」では、3D積層造形技術を活用した“デジタルモノづくり”を促進するため、AMを活用した世界のDX実例最前線紹介イベントの開催します。

※AM:Additive Manufacturing(三次元積層造形技術による製造方式) ※DX(Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション)

AM×DX

 AMを活用した製造プロセスは、従来データ化が難しかった職人技である「匠の技」をはじめとして、全ての工程のデジタル化が可能となります。
海外ではバーチャル世界と現実世界の融合による「デジタル・ツイン」や、ネットワークを活用した「分散型生産」を実現するDXのキーテクノロジーとしても注目されています。

 我が国では、AMは単に工作機を3Dプリンタに置き換えることと捉えられがちですが、製造プロセス全体のデジタル化やプロセスの超効率化、サプライチェーン変革をも実現するものであり、AMはDXを実現するツールの一つと言えます。

AM製造プロセスイメージ

「AMを活用した世界のDX実例最前線」のイベント開催   NEW

 近畿経済産業局では、国内最大級の3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan」との共催により「AMを活用した世界のDX実例最前線」を開催し、世界最先端の取り組みを紹介します。

日時:<ブース出展>2022年1月26日(水)~ 28日(金)10:00~17:00
      <講演>2022年1月27日(木)14:00~16:30
場所:東京ビックサイト 東ホール(東京都江東区有明3丁目11−1)
   <ブース出展>5G-19 
             <講演>TCT Conference ステージ    
共催:近畿経済産業局、TCT Japan3Dものづくり普及促進会(事務局:(株)立花エレテック
参加登録:TCT Japan登録ページにて、ご登録ください。

 

ブース出展   NEW

「Kansai-3D実用化プロジェクト」支援対象の中から3社のモデル企業を選定し、DfAMソフトを使ったバーチャルにおけるAMプロセスの検証を支援しました。
この度、この3社の国内最大級の3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan」への出展を支援し、その成果の横展開を図って参ります。

大阪冶金興業株式会社(冶金)
    住  所:大阪府大阪市東淀川区瑞光4丁目4−28
    事業概要:真空熱処理、金属粉末射出成形部品
    DfAMの取組概要:金属3D造形における、サポート除去の省力化検証

株式会社中北製作所(鋳造)
    住  所:大阪府大東市深野南町1−1
    事業概要:自動調節弁・バタフライ弁等製造・販売
    DfAMの取組概要:弁体の機能・形状最適化及び費用低減の検証

株式会社山本金属製作所(切削)
    住  所:大阪市平野区背戸口2丁目4番7号
    事業概要:精密切削加工、加工ソリューション、ロボットSIer
    DfAMの取組概要:ロボット関連部品の軽量化設計による生産性向上検証

講演プログラム           ※講演時間を一部変更(令和4年1月13日付け)

14:00 主催者挨拶、プロジェクト概要の説明 近畿経済産業局 地域経済部 次世代産業・情報政策課 黒木 啓良

14:15 講演1「AMのDX化を促進するシーメンスのE2Eソリューション」
    シーメンス株式会社
          ポートフォリオ開発本部 ディレクター 丸山 貴弘 氏

丸山 貴弘 氏

14:45 講演2「金属積層造形によるイノベーション、量産化へのGEのアプローチ」
    GEアディティブ  シニアセールスダイレクター 本郷 達也 氏

本郷 達也 氏

15:15 講演3「量産を見据えたアプリケーションと
    多様なAM装置を繋ぐソフトウェアプラットフォーム」
    マテリアライズジャパン株式会社
          ソフトウェア事業部 Sales Director 小林 毅  氏

小林 毅 氏

15:45 講演4「AM Workflow automation」 (英語・通訳あり)
    AM-Flow
                     Chief Commercial Officer Zwikker Carlos 氏

AM-Flow

16:00 講演5「EOSが取り組むDX時代の製造プロセスづくり」
    EOS Electro Optical Systems Japan株式会社
          リージョナルマネージャー 橋爪 康晃 氏

橋爪 康晃 氏

協力企業5社

※五十音順   海外企業は本社所在地 <国名>

 AM-Flow<蘭>

・  EOS Electro Optical Systems Japan(株)<独>

・  GE Additive<米>

・  シーメンス(株)<独> 

・  マテリアライズジャパン(株)<ベルギー>

参考

・プレスリリース資料 (令和3年6月30日)

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 次世代産業・情報政策課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6008
FAX番号:06-6966-6097