トップページ > 施策のご案内 > 地方創生 > 「地域未来牽引企業」を追加選定しました

「地域未来牽引企業」を追加選定しました ~近畿経済産業局管内では191者を選定~

最終更新日:令和2年10月15日

 経済産業省では、2017年度から地域経済の中心的な担い手となりうる企業を「地域未来牽引企業」として選定しています。今回、2020年度に近畿経済産業局管内で追加選定した191者(全国1,060者)を公表します。

記者発表資料

(参考)地域未来牽引企業の発表について(経済産業省ホームページ)

1.追加選定の概要

経済産業省では、2017年度から「地域未来牽引企業」を選定しており、近畿管内では608者(全国3,683者)の企業や団体を選定しています。この度、企業データや各地域からの推薦を踏まえ、近畿管内で191者(全国1,060者)を、新たに地域未来牽引企業として追加選定しました。

 近畿管内の追加選定結果概要は次のとおりです。

 (1)選定企業数
    191者(累計:799者)

 (2)府県別の選定企業数
   ・福井県  :16者(累計:88者)
   ・滋賀県  :18者(累計:97者)
   ・京都府  :32者(累計:118者)
   ・大阪府  :50者(累計:140者)
   ・兵庫県  :33者(累計:152者)
   ・奈良県  :18者(累計:87者)
   ・和歌山県 :24者(累計:117者)
   ※全国(都道府県別)の選定企業数は、以下のとおり。
    地域未来牽引企業追加選定数一覧(都道府県別)    

 (3)府県別の選定事業者名、所在地、業種等
     域未来牽引企業追加選定企業一覧(近畿管内)
      ※全国(都道府県別)の選定事業者名等は以下のとおり。
   地域未来牽引企業追加選定企業一覧(全国)

2.選定方法・基準

選定方法は、地域における多様な事業活動を適切に選考するため、以下2つの方法を採用し、外部有識者の検討結果を踏まえ、選定しています。

定量的な基準:営業利益、従業員数、域外での販売額、域内の仕入額等の経営状況に関する企業情報データベースに基づき選定するもの。

定性的な基準:自治体や商工団体、金融機関等から推薦された事業者を、地域経済への貢献期待や成長性の観点から選定するもの。

3.地域未来牽引企業への支援

地域経済を牽引する各選定企業の目標達成を後押しするため、以下の支援を行います。

 (1)経営基盤強化、IT導入による生産性向上、人材確保、産学官連携、研究開発、海外展示会出展等の販路開拓、事業承継等、幅広いニーズに対応する様々な支援策を活用し、重点的な支援をします。

 (2)各経済産業局に配置している「地域未来コンシェルジュ」が、ワンストップで企業からの相談、問い合わせ等に対応する他、メールマガジン、ロゴマーク、オンラインセミナーなど様々な方法で、企業の取組を後押しします。

 (3)近畿経済産業局では、地域未来牽引企業の経営課題解決、協働促進によるイノベーション実現や企業ネットワーク形成を図るために、「地域未来牽引企業課題解決型サロン」を設置しています。
   サロンにおいては、選定企業同士や支援機関等との交流の場の提供、選定企業の課題解決や協働に向けた様々なイベント開催等の支援を実施します。

なお、選定された地域未来牽引企業を紹介するページについては、順次、経済産業省ホームページに追加する予定です。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 地域経済部 地域開発室
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6012
FAX番号:06-6966-6077