トップページ > 施策のご案内 > 地方創生 > 近畿おたから図鑑 > しもつみかん

近畿おたから図鑑(しもつみかん)

最終更新日:平成28年6月3日

 

和歌山県海南市下津地域は、みかん発祥の地として長い歴史を持ち、全国屈指の貯蔵みかんの産地としても知られています。みかんにゆかりのある橘本神社があるほ天井まで組まれた引き出しのような木箱に収穫したみかんを入れ、糖や酸味のバランスが良くなるまで貯蔵します。か、あの紀伊国屋文左衛門が江戸にみかんを運んだ船出の地、下津港もあります。

山の急斜面を利用した石垣造りの段々畑には、木造土壁の不思議な貯蔵庫が点在しています。土蔵のような庫内の温度や湿度は一定に保たれ、天井まで組まれた引き出しのような木箱に収穫したみかんを入れ、糖や酸味のバランスが良くなるまで貯蔵します。

庫内の空気の入れ替えや、木箱の差し替えなど、普通のみかんの何倍も手間暇をかけて出荷されるこのしもつみかんは「蔵出し」と名付けられ、熟成された味が消費者から好評を得ています。

しもつみかんの知名度を高めようと、農家やJAながみね、行政などで「地域ブランド推進連絡会議」を立ち上げ、積極的にPR活動を展開しています。

  • しもつみかんの写真A
  • しもつみかんの写真B
  • しもつみかんの写真C
  • しもつみかんの写真D

下津柑橘部会 部会長 岡本芳樹さん

「蔵出しみかんがあるので、みかんの出荷期が長いんです。下津のみかん農家の1年は忙しいですよ」と、みかん農家の5代目でもある岡本さん。

年間の平均気温は15度。温暖で雨が少ない気候はみかんの栽培に適している。しもつみかんの特徴でもある土蔵は、およそ300年前からあると聞いているという。なぜ、わざわざ急傾斜の畑に土蔵がつくられているのか。「みかんが育った畑と同じ環境で保存するのが、みかんにとって良いんですよ」。300年も前から、みかんのことを考え、この方法が守られ続けているという。

蔵の中で数カ月間寝かされたみかんは大阪方面へ。遠く北海道や新潟の市場へも運ばれていく。蔵出しの作業がある分、一般的なみかんの栽培よりもかなりの労力が求められるが、手間ひまを惜しまず、みかんと向き合っている。しもつみかんのPRのため、北海道へ出掛けていくこともある。

「これからは地域と生産者が一緒になって取り組まないと、生き残れません。せっかく認定された地域ブランドですから、どんどん活用していきたい」と、話した。

しもつみかんの写真E

しもつ総合選果場 「蔵夢 Zome」

最新の光センサーや選果システムを備えた選果場。施設をドームに見立て、貯蔵みかんの「蔵」、生産者の「夢」などとをもじって「蔵夢」と名付けられた。

生産者が運び込んだみかんは、形や色、傷、糖度など細かくチェックされ、等級別に選別。その品質は人の目でも厳しく検査され、商品として箱詰めされていきます。

安定した計測をするため、オレンジ色のみかんが一列に整列して次々と運ばれてくる様子は圧巻。「夢の蔵」はまさに、量、質ともに日本一を目指すしもつみかんを支えています。

  • しもつみかんの写真F
  • しもつみかんの写真G

クレジット

商標  : しもつみかん

権利者 : ながみね農業協同組合

紹介動画

しもつみかん(youtubeへのリンク)外部リンク 新しいウィンドウで開きます

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 総務企画部 企画課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6003
FAX番号:06-6966-6073