トップページ > 広報誌・E!KANSAI > 平成26年 12月号 企業・地域の取組紹介

アジアで挑戦を続ける関西企業 ~環境・省エネ分野で海外へはばたく~ 第3回
サンエー電機株式会社
担当課室:国際事業課

最終更新日:平成26年12月1日

 関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)では、環境・省エネ関連企業のアジアでのビジネス展開を促進するため、現地の政府や業界団体との協力の枠組みを構築し、両国の官民連携 による取組を強化するとともに、ビジネスマッチングやフォローアップなど個別ビジネス支援及び現地ニーズに対応したプロジェクトの推進に取り組んでいます。今回はTeam E-Kansaiのメンバーの中から、サンエー電機株式会社(京都市)をご紹介します。

時代に対応する電源機器メーカー~理解力、共有力が生み出すソリューション~

写真の中:以下に解説
同社が製造している医療用電源
写真の中:以下に解説
京都市のサンエー電機株式会社本社

 サンエー電機株式会社は1969年にトランス(変圧器)メーカーとして創業しました。当初は産業機器用の電気トランスを製造していましたが、徐々に小型化・高周波対応技術を蓄積し、1980年頃からはノイズフィルター機能付きトランスやカスタム・スイッチング電源装置を主力に事業を展開してきました。

 その後もノイズ対応技術を応用して医療機器向けの電源分野に進出したり、屋外用LED照明の電源装置を開発するなど、日々新たな分野への挑戦を続けています。

 同社が得意とするのは、顧客ニーズに合わせた製品のカスタマイズ化です。アナログ回路を熟知した技術スタッフが、顧客の商品開発の意図・目的を正確に理解し、発生する課題を共有しつつ、高品質な技術で解決策を提供します。

 こうした取り組みの積み重ねから、多数の機器類が動作する中でもシステムの誤動作を防ぎ精密な計測に貢献する医療器具用電源や、特殊な樹脂によって防水・防塵加工され、保護回路により雷の影響も受けにくい高効率のLED電源等が誕生しました。

 特に、同社のLED用電源装置は雨や雷に強く厳しい環境下での使用にも耐えられることから、店舗照明のみならず、街路灯、屋外看板、トンネル灯など屋外でも幅広く使用されており、国内での販売実績は100万台を超えました。

写真:以下に説明あり
業界トップクラスの高効率を誇るLED電源
写真:以下に説明あり
特殊な樹脂で防水・防塵加工され、保護回路が雷サージから
LEDを保護するため屋外で広く用いられています。

LED用電源装置の海外展開

 近年は日本だけでなく世界各国でLED市場が広がりつつあり、特に屋外照明用電源では日本において多くの実績を持つ同社にも注目が集まり始めました。そこで同社においても海外展開を視野に入れ、2013年3月に台湾・台北市で現地のパートナー企業と合弁会社を設立しました。海外事業を開始した当初は、交渉時の言語の問題(特に専門用語)や日本との商習慣の違いに戸惑うことも多くありましたが、合弁会社を通じた営業活動や展示会への出展など現地での経験を繰り返すことにより、徐々に課題を克服していきました。

 現在は台湾・中国を中心に活動を行っていますが、現地企業にも製品の性能を高く評価してもらっており、着実に現地での信頼を築きつつあります。最近では、Team E-Kansaiが10月に中国・上海で開催した「大阪-上海省エネ技術フォーラム」及び「中国・上海 Team E-Kansaiネットワーキングカフェ」にも参加しました。イベントでは中国での省エネの実態が把握できたことに加え、現地の政府機関や現地駐在の日系企業とのネットワークを築くことができ、今後の事業展開に向けて大きな成果が得られたと感じています。

※コラム Team E-Kansai 中国・上海での取組 参照

今後の展望~等身大の海外展開モデル~

写真の中:以下に解説
左から海外事業推進室 丸山氏、
代表取締役 牧野氏、総務部長 沼田氏

 同社では、営業部門の社員だけでなく、製造、技術、総務部門の若手社員が積極的に海外に出張しており、そのための社内環境の整備にも力を入れています。また、女性社員の能力活用にも意欲的で、実際に出てきた「カイゼン」提案を実践するなどしています。

 将来的にはアジア圏のほか、ヨーロッパ地域への展開も模索するサンエー電機株式会社。海外だからといって特別視するのではなく、日本と変わらず誠実に顧客企業の意図をくみ取り、最適なソリューション提供を目指し堅実な姿勢を貫く同社の姿は、日本のものづくり中小企業にとって海外進出の等身大モデル事例といえるでしょう。同社の今後益々の活躍が期待されます。

Team E-Kansai 中国・上海での取組

 Team E-Kansaiでは、環境・省エネ関連企業のアジアでのビジネス展開を促進するため、様々な活動を行っています。今回は、10月に中国・上海にて開催した2つのイベントをご紹介します。

大阪-上海省エネ技術フォーラム

 Team E-Kansaiでは、上海市政府及び大阪府上海事務所と協力し、10月15日(水)に上海にて「大阪-上海省エネ技術フォーラム」を開催しました。

 フォーラムには省エネルギー技術に関心をもつ日本・中国双方の政府機関、大学、企業等から約100名が出席し、政府機関関係者及び企業の講演・プレゼンテーションを熱心に聴講しました。Team E-Kansaiメンバー企業からは3社が省エネエンジニアリング、省エネ大型空調機器、省エネボイラーといった最新の省エネ技術・製品を紹介し、中国側から高い評価を受けました。

中国・上海 Team E-Kansaiネットワーキングカフェ

 Team E-Kansaiでは、メンバー企業をはじめとした企業間ネットワーク作りのためのオープンで自由な交流の場である「ネットワーキングカフェ」(企業交流会)を国内外で開催しています。

 今回、上海で初めてのネットワーキングカフェを10月16日(木)に開催し、Team E-Kansaiメンバー企業のほか日系企業の現地法人など17名が参加しました。

 中国で環境コンサルティング業を行う専門家からの「中国における環境ビジネスの攻略法」と題する話題提供からスタートし、各企業における中国環境・省エネビジネスの紹介及びビジネス課題・ニーズ等について活発な意見交換が行われました。

写真:以下に説明あり
大阪-上海省エネ技術フォーラムの様子
写真:以下に説明あり
中国・上海 Team E-Kansai ネットワーキングカフェの様子

掲載関連情報

企業名
サンエー電機株式会社外部リンク 新しいウィンドウで開きます
所在地
京都市南区久世殿城町295
電話番号
075-933-2411

このページに関するお問い合わせ先

近畿経済産業局 通商部 国際事業課

電話:06-6966-6051

関連施策へのリンク

他の記事を読む